に投稿 コメントを残す

保育園造形 i 

面白い出だしだなー

下に並べてますね

仕上げに絵の具も出しました

5さい「貼って描く〜重ね切りから〜」
好きな色画用紙を2枚選びます(八つ切り¼サイズ)
その2枚を重ねて、ズレないようにしながら
2枚同時にカットして行き、8から12ピースくらいに分けます。
重ねて切っているので、色違いの同じ形ができます。
さて、それらを使ってどんな絵をつくろうかな
という活動です。
パズル遊びのような、楽しい活動です。
子ども達の様子は、また様々で
アイディアがすぐにまとまって進める子もいれば
ランダムな形に戸惑って悩んでる子もいました。
上手でちゃんとした絵を描きたい女の子などにとっては
それが叶いにくそうなランダムな形は困ってしまうようです。
正解も善し悪しもない、自分で決めるしかない戦い。
そんな小さな困難を乗り越える体験も
造形活動の大切な要素なんです。
乗り越えた子ども達の嬉しそうな清々しい表情は
少しだけ大人になったみたいです。

ロケットの迷路だね

ビームが出るそうです

形がお顔になりました

鳥にしたんだね

お花をたくさん描いたね

不思議できれいな絵だなー

周りに並べると額みたい

いろんな国の人たちがいるね

ハロウィンみたいと言っていました

ビックサンダーマウンテンだそう

大好きなゲームの世界

いろんな形が遊んでるみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。