に投稿 コメントを残す

ちぎって貼る、絵の具、ホッチキス

3さい「ちぎって貼る」

糊の活動です。

折り紙を好きな感じでちぎったものを

台紙に貼っていく遊びです。

好きに貼りながら、糊の使い方に慣れよう

といったねらいです。

糊を嫌がる子がいなくて良かったです。

自分で紙に貼れたことを喜んでいました。

やっぱり自分でできた!って嬉しいですよね。

ベタベタが楽しくなってきて、糊まみれの子もいましたよ。

 

 

 

4さい「絵の具で遊ぼう+α」

4さいさんは絵の具遊びです。

この頃になると、結構造形に対して「ちゃんとしなきゃ」

という思い込みが出てきてしまいがちなので

「ちゃんとしなきゃいけない訳ではないんだよー」

「自分のしたいことに自信を持ってねー」

というメッセージを伝えたくて

あえて3さいさんのような絵の具遊びを楽しんでもらいます。

今回は、プラスアルファとして「割り箸」と「折り紙」も加えています。

筆で絵の具をのせて、割り箸で削って、折り紙を絵の具のベタベタにくっ付けて

という結構無限ループ的な遊びでした。

 

 

 

5さい「ホッチキスで作ろう」

新学期になってからホッチキスで遊ぶのが

久しぶりになってしまったので

思い出すために遊んでみた、といった感じの活動でした。

特にテーマはないです。好き好きに作ってもらいました。

だいぶ細かい作業も上手にできるようになっていて

驚きました。日々成長しているんですねー!すごい。

に投稿 コメントを残す

段ボールの構成遊び

年中「段ボールの構成遊び」

ランダムにカットされた段ボールから好きな形を選び

台紙に好きな感じに貼っていく遊びです。

並べても、重ねても、形を見立ててもいいし

積むように山盛りにしても構いません。

今回は貼り終わったら、クレパスと絵の具で飾りました。

年中は「何かの形をつくらなきゃ」ということがあまりないので

純粋に、形と色と、配置することを楽しんでいたように思います。

貼るのにはボンドを使いました。

に投稿 コメントを残す

丸シール、こいのぼりの冒険

造形教室 幼児「丸シールで遊ぼう」

丸シールは、色が綺麗で、手軽で、可愛らしくて

子ども達も大好きな素材です。

並べたり、重ねたり、囲ったり

いろんな遊び方ができるのも良いところです。

今回はクレパスと絵の具も合わせて

制作することを楽しみました。

 

 

 

小学生「こいのぼりの冒険」

こいのぼりはいつも繋がれているけど

もし、どこでも冒険に行けるとしたら

どんなところに行きたいかな、というところからのお絵描きです。

こいのぼりを色画用紙で作って貼ってから描きました。

冒険らしい冒険から、まるで作者自身の行きたい気持ちが

現れているものまで、いろいろな世界があって面白いです。

あと、けっこう仲間を作っていたのが印象的でしたね。

に投稿 コメントを残す

みんなでお絵描き、紙ぐるみ、コロコロゲーム

3さい「みんなでお絵描き」

 

今年度最後にみんなで大きな紙で遊びました。

ビニールテープやシール、それとクレパス。

大きな紙でみんなで好きなだけ遊んでもらいました。

ずいぶん長く集中して遊ぶ様になりましたね

1月に共同制作をしたこともあって、

共有しながらの遊びも、お互いに上手に

関わり合いながら進めることができました。

とても成長を感じる活動になりました。

 

 

 

 

4さい「紙ぐるみを作ろう」

布と綿で作るぬいぐるみではなく

紙と新聞紙でつくる紙ぐるみです。

A3のコピー紙を半分に折り

中に新聞紙を入れて

周りをホッチキスでとめて作ります。

 

お散歩したり、抱っこしたり、お友達同士で挨拶したり

この子用のご飯を作ったりもしましたよ。

 

 

 

 

 

5さい「コロコロゲームを作って遊ぼう」

色画用紙や紙コップでコースやスタートやゴールを作り

アルミホイルを丸めた球をうまく誘導します。

慎重に相談してから作るチームもあれば

各々好きな様に作るチームもあるし

それは無理だろー!というコースを作ったりするチームもあります。

見ていると本当に面白いです。

そうやって考えるのかー!と感心したりもします。

みんなで遊ぶ時間も楽しそうで

うまくいってもいかなくても大興奮でした。

新年度からの小学校も思いっきり楽しんでねー!

 

に投稿 コメントを残す

コラージュ遊び

年長「コラージュ遊び」

 

雑誌や広告の写真を切り取って集めて台紙に貼る遊び

食べ物、乗り物、アクセサリー

自分の好きなものを集めたり

面白い写真を見つけて使ったり

夢中になって貼るのを楽しみました。

好きなものを集めて図鑑の様に貼る子もいれば

写真の内容の意味に注目して貼り方を工夫する子もいます。

なんとなくその子らしさが出るのが面白いですね。