に投稿 コメントを残す

保育園造形 i

何色をつけようかな

お、色が混ざって変わったよ

慎重にダッコします

3さい「自分の形に絵の具遊び」
等身大くらいの大きな物に絵の具で遊ぶ体験です。
大事にダッコしながら色の入ったバケツに移動して
絵の具を付けます。
自分の形は、あくまでもきっかけなので、ぐちゃぐちゃに
塗っても、模様を付けてもかまいません。
もちろん意識的に、お顔や靴下などのパーツを描いてもかまいません。
その子なりに遊ぶことが大事です。
色を重ねて遊べるように、絵の具は固めに溶いておくのがポイントです。
シルエットと色の付け方でその子らしさが感じられるのが可愛いのです。
慎重な子もいれば、大胆な子もいます。
毎年定番の活動ですが、肌色と黒を出すかどうか、絵の具の固さや子どもの
育ち、など様々な要因で、活動の雰囲気がずいぶんと変わります。
作品展で飾る予定です。
段ボールなので支えを付ければ立たせて飾ることもできますよ。

きれいに塗り分けてますね

だいぶ慎重な子です

どんどん色を重ねて遊びます

お花みたいできれいね

いっぱい色をつけたよー

やあ!って感じです

この形が基本です

真剣に描きます、手を抜きません

綺麗なハネになったね

4さい「画用紙ブレード」
画用紙を短冊状にした物で作ります。
中心に切り込みを入れて、少し重ねて、1ミリ程度両端を浮かせる
ようにします。
とても簡単で単純な作り方ですが、とてもよく回ります。
羽を増やしたり、色を付けたりすると、さらに楽しいです。
キラキラしたテープなど付けると、魅力的です。
5さいさんの集中力で作ると、相当綺麗なコマができます。
全力で燃えてこそ造形工作なのです。

みんなで回そう!

すごい!素敵!

回るとまた綺麗なんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。