に投稿 コメントを残す

クレパスでお絵描き、ペンでお絵描き

3さい「クレパスでお絵描き」

新学期が始まりましたね。

今年度も最初の活動は「お絵描き」にしました。

子どもに好きに描いてもらって、たくさんお話しして

仲良くなっちゃおう!というのが目的です。

それと子ども達が今の時点で、どんなことを楽しむのかな

というのを見る、というのが目的でした。

腕を動かすたびに、画面につく色や線に

夢中になりながら進めている子が多かったかな。

元気なクラスで、楽しそうです。

4さい「水性ペンでお絵描き」

初めて個人用の水性ペンをもらって、とても嬉しそうでした。

ペンの色の綺麗さや鮮やかさに

心を動かされながら描き進めているようでした。

活動の目的としては「3さいのクレパス画」と同じです。

ペンで描ける細い線故なのか、ちょうど、形をイメージして

描くことができるようになって来たからなのか

描くものを決めてから、手を動かして絵にする

子が多かったかもしれません。

4さいは「こだわり」の年ですからね。

ゆっくりのんびり進めていきましょう。

に投稿 コメントを残す

虫ちゃん、コロコロゲーム

3さい「虫ちゃんペット作り」

 

はさみを使ってペットちゃんを作りました。

サイドに切り込みを入れて、折って脚にするだけで出来上がりです。

簡単に作れるのですが、作ってみると愛着が湧いてきます。

子ども達も可愛がっていて、お散歩したり、ご飯をあげたり

赤ちゃんをつくっておんぶさせたりしていました。

本当の生き物のように面白がる姿がかわいいですね。

子どもの頃の、空想と現実の半分半分な感覚って

造形の世界ではとっても大切だったりします。

 

 

 

 

4さい、5さい「コロコロゲーム遊び」

4さいと5さいで協力して作って遊びました。

 

テーブルを斜めにセッティングして

アルミホイルの玉を転がして遊びます。

どんな壁やコースをつけたら楽しいかな。

といった感じです。

グループによって全然違う進み方や

コースや仕掛けができあがります。

 

作り終わってみんなで遊ぶ時間は

大興奮しながら転がしていましたよ。

に投稿 コメントを残す

色画用紙の構成遊び

3さい「色画用紙の構成遊び」

 

3さいの子達も、はさみの経験を積み重ねて

かなり自分のしたいように切れるようになってきました。

今回は小さい色画用紙を自由に切って

切ったものを画面に貼るあそびです。

何かに見立てる子もいるし

切ること貼ること自体を楽しむ子もいます。

したいことを明確にイメージして

作るようになってきたので、良く考えながら

色画用紙を貼る様子が見られました。

下の子は「ハンバーガーをつくる!」と

思いついて作っていました。

具材を細かく切って挟んでいるのが可愛かったですね。

に投稿 コメントを残す

ビニテ構成、デパート屋さん、多素材構成

3さい「ビニールテープの構成遊び」

構成遊びとは、さまざまな素材を画面に好きに貼る遊びで

どうやって貼るか、何かに見立てるのか、どんどん貼るのか

が、その子によって色々な遊び方ができる物です。

自由に考えられるので、出来上がりの表現が個々に違ってくるのが

ポイントです。

 

今回はビニールテープと丸シールが素材でした。

3さいの子も慣れるとビニールテープを自分で切る事ができるので

始まったら子ども達の思いつきに任せてしまいます。

 

貼るのに満足した子はクレパスも合わせて使っていました。

 

 

 

 

4さい「デパート屋さん作り」

色画用紙を加工してお店屋さんを作りました。何屋さんにしようかなーと

考えるのが楽しいです。

さらにお店を縦に繋いで「デパート屋さん」にしました。

どんどん階数を増やすのが楽しい子もいるし

一つ一つのお店を丁寧に描く子もいます。

「お花屋さん」や「玩具屋さん」など好きなお店

「地下鉄」「エレベーターホール」などマニアックな店

さらに「ハート屋さん」「おばけ屋さん」など

空想のお店もあって、すごく盛り上がりました。

 

 

 

 

 

5さい「多素材同時だしの構成遊び」

もうすぐ小学生というモチベーションが見えてきた5さいさんに

「自分で選んで、自分で決める」ということを狙いに置いた

造形活動をしました。

 

さまざまな素材とクレパス、絵の具を同時に自由に使える

環境を用意して、子どもに、自分で決めて作品作りを

してもらうようにしました。

 

自由というのは一見楽しそうですが

自由にして満足するような表現をすると言うのは

自由にしてきた経験の積み重ねが必要だと思います。

 

そういった意味では3さいから造形体験をしてきた

集大成のような活動ですね。

さてどんな表現が生まれるのか。

毎年楽しみな活動です。

に投稿 コメントを残す

小さい絵、スクラッチ

3さい「小さい紙に描こう」

 

A4のコピー紙¼くらいの紙のサイズに

気軽にどんどんお絵描きしよう!という遊びです。

 

お絵描きは、好きな子は自由帳などにどんどん描いて

描くことの楽しみに触れる機会が多くなるのですが、

そうでない子は、描く機会自体から遠ざかってしまって

より苦手意識や楽しみに気がつかなくなってしまう

ということになりがちです。

 

とにかく気軽にらくがきを楽しめるようになると

描くという「表現方法」の可能性に気が付くきっかけになります。

 

今回の活動は、描いた後に自由に飾れるのがポイントで

飾るという「遊び」に後押しされて、普段あまり描かない子も

結構何枚も描いてくれます。

まだ色をグルグルしただけの子もいますが、そういう子も誇らしげに

飾った絵のことをお喋りしてくれます。

 

3さい、4さい、5さい、学年それぞれに楽しめますよ。

 

 

 

 

 

4さい「スクラッチ技法遊び」

クレヨンでカラフルに塗りつぶしたところに

黒いクレヨンでまた上塗りして、それを削る遊びです。

絵本の題材にもなったり、昔から定番の遊びですね。

 

遊ぶ時のコツは、下に塗るカラフルな色を、しっかり塗ることです。

子ども達は隙間なくしっかり塗るというのは

慣れていないとなかなかできないので

丁寧に教えてあげながら頑張ってみてください。

後で綺麗になるぞ!という楽しみを理解してもらうことも大事かもしれません。

 

削ってからまた黒で塗りつぶすと何度でも引っ掻いて遊べますよ。