に投稿 コメントを残す

虫ちゃんペット、果物を描く

何色の虫ちゃんにする?

切れ込みを入れていきます

切れたら折っていきます

3さい「虫ちゃんのペットをつくろう」
四つ切り縦½の色画用紙
両サイドに切れ込みを入れて折ります。
お顔と体の飾りを描いたら
先生がスズランテープのリードをつけてあげて完成です。
とても簡単にできる工作ですが
子どもたちがお散歩させている姿が
とても微笑ましくかわいいんですよ。
導入のときには先生もその気になって
本当の生き物のように接してあげると
子ども達も楽しく可愛がってくれます。
かなりオススメの活動です。

シールの飾りもいいね

ハートがいっぱいだ

みんなでお散歩しよう

4さい「秋の果物を描こう」

揃うとカラフルですね

触ったり嗅いだりも大事

丁寧に描いています

旬の美味しそうな果物は
色も形も魅力的ですね。
初めての見て描く活動なので
子どもに親しみのある、かつ形が単純なモチーフにしました。
テーマは
「見て描く」にチャレンジすること
画材を意識的に使うことを体験すること
の2つでした。
固くてツヤツヤな果物を表現するためには
クレパスをどう使うとよいか
いつもより力を込めてゴシゴシ塗っていくと・・・
「あ、本当に固そうになった!」「本物のリンゴみたいになった!」
という体験をしてもらいたいのです。
クレパス一本でも気持ちを込めれば
固いものも、柔らかいものも表現できてしまう楽しさを知って
必要に応じて使い分けられるようになってくれれば最高ですね。

ぶどうの粒を描くのにハマりました

絵の具で飾りました

しっかり描けましたね

発想がずいぶん広がったみたい

すごく塗りこんだねー

まわりの飾りも素敵です

に投稿 コメントを残す

色画用紙で工作、グループ工作、自転車

はじめに3枚くらい選ぼう

どんなになるかな

自分でするから楽しい

3さい「色画用紙とビニテの工作遊び」
素材を分ける(切る)ことと、素材どうしを固定する(付ける)ことが
自分でできれば、もうほとんど自分だけでつくることを遊べます。
自分で考えて、自分で決めて、自分でつくる
子どもにとっては特別なことではなく
遊びや生活の中に自然と溶け込んでいる
とても必要な行為です。
適切な素材と道具があれば、大人がどうこう考えなくても
素敵な時間が過ごせちゃいます。
それが造形のいいろころなんです。
今回は後半に出したストローが良い仕事をしてくれました。

何かが「できあがる」子と

結果的に何かに「なる」子がいます

これはどっちだろー。

4さい「グループで共同制作」

自分の作業も、お友だちの作業も大事にして欲しい

結構声を掛け合っていましたよ

ここからどう発展していくかな

お友だちと協力して一緒につくる活動。
子どもと先生で話し合って、カブトムシのメスとカマキリになったそうです。渋いね。
子どものできることで、子どもの形でいいんです。
制作の過程でのいろいろなやりとりは一つ一つ大切な経験になります。
このあと周りを考えたり、お友だちの虫さんをつくったり
時間をかけてクラスで発展させていく予定です。
5さい「自転車を見て描く」

自転車。先生も挑戦!

クレパスと絵の具で描いたよ

絵を仕上げる感覚が身についてきた感じ

こちらの保育園ではクレパスと絵の具で描きました。
最初に担任の先生に挑戦してもらいました。
大人も本気でチャレンジしなくちゃね。
やってみると難しいもんですが
自分で描いてみると、子どもがしていることを
また違った角度で見れたりします。
しかしなかなか子どもの絵には勝てません。
その他にもクラスで取り組んでくれた絵が飾ってありました。

4さい、お芋掘り。紫は自分で混ぜてつくったらしい

5さい、お月様をきっかけにお絵描き

5さい、お芋掘り

子どもの絵を飾ることは、クラスの環境づくりの面から考えても
とても大切なことです。
子どもは自分の絵もお友だちの絵も意外なほどよく見て気にしています。
環境づくりへの意識の高い先生の教室には
必ず子どもの作品が目につく場所に飾ってあります。すばらしい。
に投稿 コメントを残す

デパート屋さん、立つお屋敷

お店をつないでデパートに

身長と同じだ!

こんなに考えたよー

幼児「デパート屋さんをつくろう」
八つ切り半の色画用紙を半分に折って、切り込みを入れて
開く扉の仕掛けをつくります。
白い紙を合わせて、ホッチキスでとめて、お店やさんのできあがり。
何屋さんにしようか考えてお絵描きをします。
いろんなお店をつくったら縦につないでデパートに。
アイディアを考えるのも楽しいし、どんどん長くしていくのも楽しい活動です。
導入で「サメ屋さん」とか「ハート屋さん」「おばけ屋さん」など
ちょっとヘンテコなお店も提案してあげると
子どもたちの面白がりの世界が広がります。
小学生「立てて飾れるお屋敷」

お屋敷を平面でお絵描きして
そこに塀と門を工作して、立てて飾れるようにしました。
今回は細かく描き込むことをして欲しかったので
マジックやボールペンと色鉛筆で描けるようにしました。
塀と門をつけるだけで俄然カッコよくなるなーと思います。
立たせることで2Dが3Dに変わるのがグッとくるのかもしれません。
自分の住みたい感じに考える子や
ゲームのような仕掛け満載の屋敷や
時期的にハロウィンみたいなオバケ屋敷など
いろいろできて良かったです。
「2Dを3Dに」という考え方は結構私の趣味、好みですね。

に投稿 コメントを残す

紙皿でコマと自由工作

幼児「紙皿コマをつくろう」
一回切れ目を入れて軽く円錐状にするだけで
とても良く回るコマができます。
今回は仕組みを理解するための小さいコマと
羽を付けたり、飾りを工夫したりする大きなコマと2つつくりましたよ。
自分でつくったおもちゃで遊ぶのは楽しいですよね。
年長さんは、どうやったら長く回るかとか、綺麗になるかとか
研究しながらつくっていたみたいですよ。
小学生「紙皿で自由工作」

小学生のみんなには、大中小様々な大きさの紙皿を用意して
自由に何かをつくるのにチャレンジしてもらいました。
丸い形をどう活かすのか、また自分のつくりたいものに引き寄せるのか
限られた素材の中での工夫を楽しんでもらいました。
全くの自由もいいけど、制限があるからこそ
普段の自分では思いつかないことに出会えたりします。
「あ、いいこと思いついた!」の顔は、こちらも嬉しくなりますね。

に投稿 コメントを残す

ムニョムニョさんをつくろう

ムニョムニョさんだよ

武器を持ってるねー

シッポが長〜い

年長「ムニョムニョ切りからムニョムニョさんをつくろう」
年長さんは最終的には、自分のつくりたいと思うものを
自在につくれるようになるのが理想です。
そのためには様々な技術を習得する必要があるわけで
それは普段の遊びや制作から自然に身についていくものでもありますが
一回みんなで意識的にやってみようか
というのが今回のねらいですね。
今回はハサミを意識的に細かく動かす体験と
その技を使ってつくる遊びです。
八つ切り半の色画用紙をムニョムニョと切り取って
できた変な形を利用して自分だけのキャラクターをつくりました。
手足や耳やシッポを付けたり、赤ちゃんをつくって抱っこさせたり
顔を描いたり、飾りを付けたり。
一人一人の様々なムニョムニョさんができました。
つくった後にお友達と遊ぶのも楽しそうでしたよ。

ワニみたいになってきた

ばんざいしてるね

切り離した形をうまく使いました

いい顔だなー!

すごく細かく出来てます

リボンで肩から下げるのもいいね

立体的なクワガタかな

楽しくなっちゃうねー

抱っこしてるのがかわいい

髪の毛までキラキラ

妖精ちゃんかな。手がすてき

ゆりかごもつくっていました