に投稿 コメントを残す

コロコロゲームで遊ぼう

4さい5さい共同「コロコロゲーム」

テーブルを斜めの坂道にして、そこに画用紙でコースをつくって

丸めたアルミホイルの玉を転がす遊びです。

結構勝手にどんどん作るのかと思ったら

ちゃんと話し合ったり、提案したり聞いたりしながら

慎重にコースを作っているグループが多かったように思いました。

流れとしては

1、まずみんなでコースを作る

2、6〜7割くらいできたところで、お試しの玉をグループに一個あげる

3、お試しをしながらさらに作り込む

4、完成

5、みんなでお片付けをする

6、ひとり一個の玉を渡して、みんなで遊ぶ。

こんな感じでした。

子どもは重力の法則の様なものについて曖昧な感覚なので

とても無理なコースをつくったりしますが

それはそれで楽しかったりします。

そういった意味では、お試しの玉は結構大事かもしれません。

子ども達は、作っている時も遊ぶ時も、大興奮です。

子どもの作り方、遊び方も見られるので、かなりオススメ活動ですね。

に投稿 コメントを残す

作品展の準備いろいろ

 

幼稚園・保育園「作品展の準備いろいろ」

2月は作品展の季節です。

関わっている幼稚園や保育園もいろいろな準備をしています。

特に作品展に向けての活動は「共同制作」がメインになります。

 

共同制作は、みんなで協力してつくる過程を楽しむ活動です。

意見を出し合って話し合いをしたり、お互いに支えあったりする

体験そのものが目的といえますね。

 

立派な作品でなくても、作品から子どもの表情や、作っている時の

楽しい雰囲気が伝わってくるようなものが出来上がれば

成功と言えるのではないでしょうか。

に投稿 コメントを残す

タワー&ブリッジ

年長グループ制作「タワー&ブリッジ」

お友だちとの関係の中で、つくることを楽しめるようにした活動です。

まず、土台(今回はダンボール)に各々が画用紙でつくったタワーを好きな場所に立てます。

そこからどんな風につくろうかなという活動です。

今回は、初めは細長く切った紙を出して、繋いだり、階段や道などを作れるようにして、途中から

色画用紙や小さめの紙を出して、好きなものをどんどんつくれるようにしました。

各グループ毎に、そのグループの色が出て、見ていて楽しい活動でした。

初めから話し合って世界をつくっていくグループもいれば

ほぼ個人の制作に夢中になるグループもあります。

それでもお互いに認め合ったり、影響し合ったりしながらつくるのは楽しくて

1時間半から2時間ぐらいやってもまだつくり足りないようでした。

に投稿 コメントを残す

土粘土、エビを見て描く

3、4さい「土粘土で遊ぼう」

土粘土は、油粘土とはまた違う感触で、安く大量に手に入れられるので

どろんこ遊びのように、体全部を使って遊べるのが魅力です。

どろんことは違うのは、捏ねたものが形を留めてくれるところ。

指を、手を、腕を、体を使って遊んで、その中から自分のお気に入りのものを作り出す

そんな楽しい体験ができるんですよ。

始めは、手についたりすることで、おっかなビックリ遊んでいましたが

だんだんとその魅力に引き込まれていって

途中からは、汚れるのも忘れて、夢中になって遊んでいました。

土粘土は、管理が少し大変ですが、遊べれば、子どもの中のパワーを引き出してくれるような

そんな魅力的な素材です。特に泥遊びができないような都会の園ではおすすめですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5さい「エビを描こう」

「見て描く」にチャレンジしました、エビです。

足や関節が細かくて、そこが面白いところなので、細く描けるボールペンです。

体の構造を調べたり、関節の数を数えたりしながら取り組んでいました。

エビを描いた後、周りは各自考えてお絵描きをしました。

エビの暮らす海の様子などが可愛らしく描かれています。

お話を聞いてみると、結構ちゃんとしたストーリーがあったりして楽しいです。

色は繊細に細筆と薄く溶いた絵の具です。美しいですね。

に投稿 コメントを残す

お船をつくって遊ぼう

3さいは「スチレンボードの船」 4、5さいは「牛乳パックの船」


プールに浮かべて遊べるようにみんなでお船のおもちゃをつくって遊びました。

ビニールテープやカップや油性ペンなどを使って
自分だけのオリジナル船をつくりました。

基本の活動は、ベースを自分なりにアレンジしてつくる活動なのですが
各学年によって、出来ることも、やりたいことも、集中力も違うし
個々を見ていても、工夫の仕方がみんな違っていて
とても面白い活動になりました。

面白いのは、子どもが素材を使うとき、そこにはちゃんと理由や
ストーリーがあるということです。

大人はデザイン的に装飾を考えますが、子どもは、カップをつけたなら
魚を入れる用だ!とか、ストローをつければ、水が出るだの、大砲でサメを
やっつける!だの、必ずその子なりの理由があるのです。

天気もちょうど良く、浮かべて遊べて、みんな嬉しそうでしたよ。