に投稿 コメントを残す

下地を塗ってからお絵描き

「下地を塗ってからお絵描きしよう」

 

今回は、フワフワ塗り(クレパスの側面で塗ること)で、まず紙に色をつけて

その色の上から好きな絵を描いてみよう、という活動でした。

 

いつものお絵描きとは少し違う発見があるかな

いつもと少し違う綺麗さがあるかな

いつもと少しちがう思いつきがあるかな

そんなことを期待してやってみました。

 

幼児は色の雰囲気がわかりやすいように色画用紙で

小学生は工夫が目立つ様に、白い画用紙でやってみました。

小学生は、さすがに、上に描く絵を考えて下地をつくっている子もいますね。

下地の色からインスピレーションを受けている子もいるみたいです。

 

に投稿 コメントを残す

コロコロゲーム

4、5さい「コロコロゲーム」

 

机を斜めの坂道にして、アルミホイルでつくった玉を転がして遊ぶ

コロコロゲームをしました。

今回は4、5さい合同のグループで遊びました。

 

細長く切った色画用紙をコースにして、どうやって

玉が転がるかなーと考えながら作ります。

 

グループによって全然性格の違った進め方や

出来上がりで、毎年やってますが、毎年違った

コースができるので、見ていて楽しい活動です。

 

最後はみんな1人一つの玉をもらって遊びました。

かなり夢中になって遊んでいましたよー。

に投稿 コメントを残す

コロナ禍の作品展

今年も作品展が開かれました。

感染対策を考えながら、通常通りに楽しんでもらえる

作品展ができないかと、先生方にたくさん考えていただいたおかげです。

時間帯を分散したり、ホールでやるところを外で飾ったりしながら

無事にいつもと変わらない、それどころか

いつもよりも違った楽しみ方のできる展示になしました。

先生方には本当に感謝いたします。

本当にお疲れ様でした。

 

に投稿 コメントを残す

お花を描こう

「お花を描こう」

 

春のお花がお店やさんに並ぶようになってきました。

 

今回は、百合と桃を見て描きましたよ。

 

お花を描くというのは、なかなか難しいもので

とくに子供は意識しないと、目の前のお花ではなくて

自分の思い込んんでいる「概念のお花」の絵になってしまいがちです。

 

花びらの色は?枚数は?咲き方は?など

目の前のお花を意識して描く様にお話をしました。

 

自分の好きに描くのも楽しいですが

たまにはモチーフに寄り添って描いてみるというのも

達成感を感じられる活動になるのではないでしょうか。

 

幼稚園生から小学生まで、それぞれに解釈しながら

考えて描いてくてました。

 

に投稿 コメントを残す

担任の先生を描こう まとめ

5さい(年長)「担任の先生を描こう」

 

人物を描くのって、難しいですよね。

先生としても、子どもたちに人物をチャレンジしてもらうのって

なかなかハードルが高いことだと思います。

 

私の関わっている園では、毎年人物画に挑戦しようということで

担任の先生に、普段とは違う格好をしてもらい、モデルさんに

変身してもらって、取り組んでいます。

 

男の子などは特に、普段から人を描くことが少なかったりするので

難しいのですが、それでも、大好きな担任の先生がモデルさんと

いうことで、ちょっと恥ずかしがりながらも挑戦してくれます。

 

今年はどの園の子も、描き初めに止まってしまう子がいなかったのが

嬉しかったですね。それは、今までの積み重ねの経験が活きていて

描くことの楽しさが伝わったからなのだと思います。

 

上手い下手ではなく、自分なりにチャレンジできることが大事です。

 

真剣になって描いた絵は、どの絵も最高にかっこいい物になりますよね。

 

今年の各園での作品をまとめて掲載します。