に投稿 コメントを残す

絵の具、デカル、工作車

3さい「絵の具で遊ぼう」

 

コロナの影響もあって、なかなか自由に大胆な絵の具の活動ができなかったので

子ども達はすごく喜んでくれました。

3さいの子ども達にとっては、絵の具は描く道具である前に、面白そうな素材の一つです。

筆を動かすたびに、紙の中で変化していく絵の具の様子に引き込まれて

夢中になってしまいますね。

決まられたやり方を上手にするのではなくて、自分のやり方で満足できるまで

遊ぶ機会を増やしてあげたいと思います。

 

4さい「デカルコマニー技法で遊ぼう」

絵の具を紙につけて、内側に降り畳むと、絵の具が左右対称について

思っても見なかった様なきれいな模様になったりする遊びです。

今回は八つ切りの半分の紙でやりました。

開くたびに期待以上の楽しい色や形が現れて、歓声をあげながら遊んでしまいます。

コツは、絵の具をトロトロ目に溶いておくのと

折り畳んだ時に、しっかりと擦ることです!

子ども達は、実験の様に楽しんだり、ある程度予想や計画をたてながら遊んでいる子もいます。

みんな何枚もおかわりをして満足のいくまでやっていました!

 

 

5さい「画用紙の工作車」

画用紙を使った工作で、引っ張って遊ぶ車をつくりました。

車のベースの部分と、紙を丸てタイヤを作るところまでは、みんな一緒です。

そこから、どんな車にするのかは、子ども達の自由なのです。

基本は白い画用紙を使いましたが、色画用紙の端切れなども出し

活用できる様にしました。

早そうな車、家族で乗る車。用途のある車

みんなそれぞれにストーリーがあるみたいです。

この車は実際にタイヤは回りませんが、そこは想像力で補います。

引っ張ってはいるけど、子ども達の頭の中では、素敵に走っているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。