に投稿 コメントを残す

虫ちゃんペット、果物を描く

何色の虫ちゃんにする?

切れ込みを入れていきます

切れたら折っていきます

3さい「虫ちゃんのペットをつくろう」
四つ切り縦½の色画用紙
両サイドに切れ込みを入れて折ります。
お顔と体の飾りを描いたら
先生がスズランテープのリードをつけてあげて完成です。
とても簡単にできる工作ですが
子どもたちがお散歩させている姿が
とても微笑ましくかわいいんですよ。
導入のときには先生もその気になって
本当の生き物のように接してあげると
子ども達も楽しく可愛がってくれます。
かなりオススメの活動です。

シールの飾りもいいね

ハートがいっぱいだ

みんなでお散歩しよう

4さい「秋の果物を描こう」

揃うとカラフルですね

触ったり嗅いだりも大事

丁寧に描いています

旬の美味しそうな果物は
色も形も魅力的ですね。
初めての見て描く活動なので
子どもに親しみのある、かつ形が単純なモチーフにしました。
テーマは
「見て描く」にチャレンジすること
画材を意識的に使うことを体験すること
の2つでした。
固くてツヤツヤな果物を表現するためには
クレパスをどう使うとよいか
いつもより力を込めてゴシゴシ塗っていくと・・・
「あ、本当に固そうになった!」「本物のリンゴみたいになった!」
という体験をしてもらいたいのです。
クレパス一本でも気持ちを込めれば
固いものも、柔らかいものも表現できてしまう楽しさを知って
必要に応じて使い分けられるようになってくれれば最高ですね。

ぶどうの粒を描くのにハマりました

絵の具で飾りました

しっかり描けましたね

発想がずいぶん広がったみたい

すごく塗りこんだねー

まわりの飾りも素敵です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。