に投稿 コメントを残す

保育園造形 4さいの絵の具

4さいの絵の具遊びを紹介します。
絵の具遊び自体は3さいの頃から体験していますが、4さいになると、その頃とは
また違う関わり方をするようになります。
絵を描くのが上手になって来たので線で何かを描いたり
3さいの経験を踏まえて色選びにこだわったり
そうかと思うと絵の具の素材自体の面白さでぐちゃぐちゃと色が混ざるのに
心を奪われたりします。
用意する絵の具の濃度が適切だと、一枚の紙の上でそのようなあらゆるドラマをめま
ぐるしく起しながら、ずーっと遊んでいる姿が見られるのです。
また、体力も付いてくるので、その長い遊びの中から手や足に付け出す様なダイナミックな
活動になる時もあります。
子ども達はドロドロで、先生達にはとても大変なのですが、そうした、自分のアイディアが
自由に楽しめるような雰囲気を作ってあげて、子どもそれぞれの発想や興味を見つけて
あげて、認めてあげることはとても大切なことだと思います。
絵の具は「絵を描く道具」ですが、それだけではない楽しみを体全体で味わい、絵の具と
お友達になると、次に絵の具を使う時に、より、その子らしい自由な表現が生まれるのです。

深い色合いがきれいです

お絵描きから塗りたくりへ

色を混ぜながら絵も描きます

折り紙で画面を意識したりも

うわっ、手と足に!

手形を押してから描いてみる

色の変化は心惹かれます

紙全部を使って。色がきれい

色混ぜしながら画面もつくる

お花をきれいに塗っています

色を繊細に塗り分けて使っています

弾く様子を思いっきり楽しみました

ちなみにクレパスが入るとまた全然違う表現になります。
素材が子ども達に与える影響は、こちらがよく了解していなければいけません。
どちらにしろ、「ねらい」を持つ事が大切です。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。