に投稿 コメントを残す

虫ちゃんペットつくり、コロコロゲーム

サイドに切れ込みを入れます

指で折って起こします

パッチリのお顔かわいい

3さい「虫ちゃんペットつくり」
ハサミを使ってつくる工作で遊びました。
四つ切りを縦半分にした色画用紙のサイドに切れ込みを入れ
それを指で折り、起こして足にします。
あとはお顔を描いたり、体を飾ったりして
先生にリードをつけて貰えば完成です。
3さんは本当に生きているかのように
話しかけたり、お散歩したりしていました。
おトイレに行くときに椅子にリードをひっかけてから行く子もいましたよ。
活動として子ども達が喜んでくれることもありますが
その姿がかわいらしくて、先生達にも好評な定番の活動です。ぜひぜひ。

体はシールも使いましたよ

お散歩に行こう!

右手には赤ちゃん虫ちゃんの姿も

画用紙でコースをつくります

ここはゴールにしよう

曲げたコースとはやるねー

4さい、5さい合同「コロコロゲーム」
テーブルを傾けて、アルミホイルを丸めた球を転がす遊びです。
画用紙などでコースや障害物をつくって楽しみます。
今回は4さい5さいの合同チームでした。
自分のつくりたいものをつくる4さいと
チームとしてのコースづくりを気にする5さい
といった感じでしょうか。
さて、どんな感じになるか、先生達もドキドキでしたが
楽しく作って遊びたい思いがチームをまとめていて
思った以上に平和で楽しい時間になりました。
コースの内容の濃さが、それを物語っていますが
素材にひと工夫加えて、面白い仕掛けを作る5さいさんの姿はさすがでしたね。
4さいさんもそれを見て遊んで、刺激を受けているようでしたよ。

盛りだくさんコース

最後はみんなで遊びました

うまく転がるかなー

に投稿 コメントを残す

色画用紙で工作、グループ工作、自転車

はじめに3枚くらい選ぼう

どんなになるかな

自分でするから楽しい

3さい「色画用紙とビニテの工作遊び」
素材を分ける(切る)ことと、素材どうしを固定する(付ける)ことが
自分でできれば、もうほとんど自分だけでつくることを遊べます。
自分で考えて、自分で決めて、自分でつくる
子どもにとっては特別なことではなく
遊びや生活の中に自然と溶け込んでいる
とても必要な行為です。
適切な素材と道具があれば、大人がどうこう考えなくても
素敵な時間が過ごせちゃいます。
それが造形のいいろころなんです。
今回は後半に出したストローが良い仕事をしてくれました。

何かが「できあがる」子と

結果的に何かに「なる」子がいます

これはどっちだろー。

4さい「グループで共同制作」

自分の作業も、お友だちの作業も大事にして欲しい

結構声を掛け合っていましたよ

ここからどう発展していくかな

お友だちと協力して一緒につくる活動。
子どもと先生で話し合って、カブトムシのメスとカマキリになったそうです。渋いね。
子どものできることで、子どもの形でいいんです。
制作の過程でのいろいろなやりとりは一つ一つ大切な経験になります。
このあと周りを考えたり、お友だちの虫さんをつくったり
時間をかけてクラスで発展させていく予定です。
5さい「自転車を見て描く」

自転車。先生も挑戦!

クレパスと絵の具で描いたよ

絵を仕上げる感覚が身についてきた感じ

こちらの保育園ではクレパスと絵の具で描きました。
最初に担任の先生に挑戦してもらいました。
大人も本気でチャレンジしなくちゃね。
やってみると難しいもんですが
自分で描いてみると、子どもがしていることを
また違った角度で見れたりします。
しかしなかなか子どもの絵には勝てません。
その他にもクラスで取り組んでくれた絵が飾ってありました。

4さい、お芋掘り。紫は自分で混ぜてつくったらしい

5さい、お月様をきっかけにお絵描き

5さい、お芋掘り

子どもの絵を飾ることは、クラスの環境づくりの面から考えても
とても大切なことです。
子どもは自分の絵もお友だちの絵も意外なほどよく見て気にしています。
環境づくりへの意識の高い先生の教室には
必ず子どもの作品が目につく場所に飾ってあります。すばらしい。
に投稿 コメントを残す

保育園造形

混ぜるたびに色が変わっていきます

一枚の紙で長く遊んじゃう

慎重に確かめながらつける子も

3さい「絵の具で遊ぼう」
トロトロに溶いた絵の具で遊びました。
描くというより、まさに遊ぶという感じです。
絵の具って筆を動かすたびに様々な表情を見せてくれて
さらにまた色々試したくなっちゃう
そんな魅力のある素材ですよね。
だからこそ子どもは絵の具が大好きだし
飽きずにずーっと遊んでくれます。
興味の持ち所も遊び方も一人ひとり違っているのも面白いです。
4さい「ホッチキスを使おう」

紙を繋げて長く長くしよう

クラス中に繋がってきましたよ

お部屋に飾ると嬉しくなるね

ホッチキスを使って細長い紙を
どんどん繋いじゃおうという遊びです。
4さいさんは初めてのホッチキスなので
いっぱい使って、慣れて、名人になっちゃおう
という目的です。
お友だちとも繋ぎぎ始めると、さらに長〜くなってきて
クラス中が紙だらけになってきます。
お友だちとは繋げずに、個人で繋いだり、何かを作っている子もいます。
どちらにしろ夢中になって、時間があっというまに過ぎてしまいます。
最後は先生がお部屋に飾ってくれて
こどもたちは「パーティーみたい!」と興奮していました。
5さい「新聞紙で構成遊び」

新聞を破いてつくります

クレパスで描き足すのもきれい

絵の具も合わせました

新聞紙を手で破いて、その形を使って画面を構成して遊びます。
何かに見えて絵にする子もいますし
形の面白さひらめきを感じて進める子もいます。
構成遊びはそういう個々の興味や判断が
すごく良く表われるのが楽しいところですね。
先生の目線で言えば
「どこまでできるかな」を見る活動ではなく
「なにをするのかな」を見る活動だと言えます。
新聞紙が白っぽいので紺色の画用紙にしました。
そのことも新鮮に感じたようで
クレパスや絵の具の乗り方にも美しさを感じていたようです。

じっくりと丁寧に仕上げましたね

はみ出すほどだねー

線一本にも考えが込もっています

に投稿 コメントを残す

保育園造形

何色をどこに貼ろうかな

ピンクだらけ!

キラキラも楽しいね

3さい「ちぎって貼る」
のりを使う活動です。
はじめに折り紙を選んでちぎります。ちぎった物は今回は粘土の蓋に
貯めていきました。何枚かおかわりもします。
ある程度ちぎれたら、今回はのりで紙に貼ることを提案します。
後は好きなふうに貼ることを楽しみます。
貼る台紙を何かに見立てなくても、何かの形あるものへの製作に結びつけなくても
貼ること自体が動機として充分に楽しめます。
今回は最後にキラキラも出してあげました。
これは一枚の作品に長く携わるための仕掛けです。
道具は遊びの中で経験すればするだけ上手に自在にできるようになります。
道具が自在になるということは、つくることに集中できるということでもあります。
4さい「絵の具で遊ぼう」

トロトロ絵の具だよ

折り紙もくっつくぞ

また色が変わったー

トロトロに溶いた絵の具で遊びました。
自分なりに絵の具と友だちになるような活動です。
このような活動の時、私たちが見るのは
上手に描けたかどうかではなく、満足するまで遊べているかどうかです。
こういう経験が表現の豊かさを育むことになります。
最終的にはそれが目的です。
「楽しかったー!またやろう!」となってくれれば最高ですね。
5さい「廃材でカメラをつくろう」

これを立てようかな

飾りも大切よね

はい撮るよー!

一人一個ベースになる箱を持ってきてもらって
みんなでカメラをつくりました。
廃材のいいところは、それぞれにあらかじめ素敵な形をしているところです。
これは何かに使えそうだなーと考える瞬間が楽しくてたまりません。
「いいこと考えた!」とひらめく顔もまた嬉しいですよね。
さて、今回は出来上がったカメラを持って、カメラマン大会もしましたよ

園内に撮影に行こう

園庭のお家を撮るよ

今度は公園に行きたいね

カメラと現像用紙?(A4コピー紙1/4サイズ)を持って
カメラマンになりきって園内をみんなで探索しました。
遊び方は
①被写体を見つけたらカメラを構えて「カシャ!」っと撮るふりをする
②被写体を現像用紙に鉛筆もしくは黒ペンでスケッチする。
③新たな被写体をさがして撮影する。
一枚一枚を丁寧に描かなくても、その子なりでいいので
どんどん被写体を探して撮って(描いて)いくのが楽しむポイントです。
なりきり遊びゆえの、子どもの楽しみパワーは凄いですよ。
ちなみに後から色鉛筆などで色を塗るのも楽しいですよ。
に投稿 コメントを残す

保育園造形

おばけみたいね〜

髪の毛の飾りがおもしろい

「お母さん」だそうですよ

3さい「パクパクの仕掛け」
紙を動かすとパクパクと口が動く仕掛けです。
へんてこな顔やかわいい顔を描いて
みんなをびっくりさせちゃおう!ということです。
パクパクの仕掛けは少し難しいけど
はさみでチャレンジしてもらいました。
お家の人が驚いてくれるといいね。
4さい「ポップアップカード」

できたよー!

ドラえもんがいっぱい

キラキラしてるね

4さいも仕掛けカードです。
自分の描きたいものが形になってきて
少し自信がついてきたかな。
何かが一つできるようになるって
うれしいですね。
お家に持って帰るのが楽しみですね。
5さい「園長先生を描こう」

最後まで丁寧に

園長先生の好きなものも描きました

こちらの保育園でも園長先生にモデルになっていただき
チャレンジしました。
とっても丁寧に気持ちを込めて描けていたと思います。

色の置き方が素敵

いっぱい描いたねー!

お目めが大きい!餃子も描いてる

勢いで担任の先生も描いちゃった

描き終わった後、描けたことが嬉しかったのか
その勢いでもう一枚、担任の先生も描いていました。
できた!という思いと、先生大好き!という思いと
両方がパワーとなったのだと思います。
すごいもんです、6さい。