に投稿 コメントを残す

保育園造形 m

5さい「クリスマスカード作り」
ポップアップカードの仕掛けを使ってクリスマスツリーのカードを
作りました。
今回苦労したのは、ツリーの形です。
こちらとしては、どんな形でも、ヘンテコでも「いいねー!」なんですけど
子ども達にしてみれば、「こういう形がいい!」「こうじゃなきゃダメだ!」
という思いがあり、なかなかその理想の形、作りたい形と子ども自身の手の技
だったり、作り出す力の折り合いが上手く行かず、悩み出す子が続出してしまいました。
なんとか、一人一人の話を聞きながら、その子の「したい事」と「できる事」の
中で落としどころを考えて、提案したり、挑戦させながら、すすめる事が
できましたが、色々と考えさせられる時間となりました。
ちなみに、ツリーの形作りを越えれば、ほとんどの子は飾りを楽しむ事ができました。
凝り固まった心に、形を生み出す喜びを伝えるのは、本当に難しいことです。

に投稿 コメントを残す

保育園造形 b

テープがトンボの体に見えました

画面左下の塗り込みの凄さ

好きな色を選ぶのも楽しいです

3さい「ビニールテープとシールで遊ぶ」
ビニールテープをビーっと伸ばすのが楽しい
それをチョキンと切るのが楽しい
それを白い紙に貼ると、目の前に鮮やかな直線ができるのが楽しい
違う色もやってみたくなる
テープが画面に増えてくると、色や形のリズムが楽しい
それが何かに見えてくる発見が楽しい
テープどうしが重なると厚みが出たり、色が透けて見えるのも発見
シールを貼るとまた違うリズムが生まれる
また、何かに見えてくる、気になってくる
クレパスも付けてみる
絵を描いてみる、色を塗ってみる
「あー楽しかった」
「おかわり、ちょーだい」
最後に先生に褒めてもらうのも嬉しい。
そんな感じの活動です。
作品を完成に向かわせるだけが楽しみではないようです。
今回は八つ切り画用紙から始めて、希望した子には、その半分の
画用紙を繋げてあげました。

できた作品を切り刻んで再構成

テープ以外を切り取る子

床まで作品の一部に!

じっくり長く集中してました

紙を繋げる子もいました

スタンプも色々な動かし方があります

4さい「スタンプ遊び」
一つ画面にスタンプすると真っ白だった画面に変化が起こります。
画面の変化に心が動き、次はどこに何をしようかなーと
遊んでいきます。
4さいは、スタンプをただデタラメにボンボン押すのではなく
画面と道具と自分との間で、考えたり、思いついたり、感じたりしながら
かなり意識的にやり取りをしながら進めていきます。
並べる、繋げる、散らす、繰り返す、重ねる、形にする
色と形のリズムを感じながらする場合もあれば、その子なりの
法則を決めたりする場合もあります。
今回は折り紙を後出しして絵の具のところに貼る遊びもしました。
作品の完成度を上げるということではなく、長く一枚に関わる
きっかけとしてです。かなり色を意識して遊んでいるのが驚きです。
ちなみに、今回はいつもと違う色合いでいきたいね、という話になり
グレーや渋めに調色した絵の具を用意しました。
スタンプは、スポンジ、段ボール片、ペットボトルのキャップ、紙コップ、でした。

画面全体に広がった作品

女の子は指で描いています

手のひらもスタンプに

汽車を形作っています

どんどん重ねていきます

本人なりのこだわりが見えます

に投稿 コメントを残す

保育園造形 m

濃い色の紙に絵の具もきれい

ゆっくりと筆を動かします

描き始めたら止まらない!

4さい「見て描く〜お魚 アジ〜」
アジを見て描きました。
四つ切り画用紙は、魚のお腹がピカッと光るように色画用紙にしました。
本物を目の前に物怖じする事も無く、ガンガン触りまくる子ども達。
目玉を突いたり、エラを開けてみたり、口を開けて舌を見つけたり、興味のままに
触りながら調べているようでした。
4さいの見て描くは、5さいのように、そっくりに似せて描く事は大事ではありません。
本物の魚とふれあいながら描く気持ちを楽しく味わい、自分なりにチャレンジ
出来れば100点です。
それで周りの人に認められて自信をつけて、また次の事もチャレンジできるように
なって欲しいのです。
今回は、描き始めに少し考える子がいました。周りの事も自分の事も気にし始めている
ということでしょうか。それも成長ですね。
こんなときは少し大人がつき合いながら、始めの一歩を画面に踏み出す手助けを
してあげます。指で導いたり、始めに描く場所を決めてあげたり。
一歩さえ踏み出せれば、大抵の場合は、そこから安心して楽しんでくれるものです。

じっくり考えて描いています

大きく描けました。

画面をフルに遊びます

形はまだ繋がらない子もいます

楽しそうな絵ですね

ちゃんと避けて塗りました

この二人は向かい合って→

→ 一緒に描きました。

気がついた事が絵になります

周りに仲間のお魚も描きました

印象がよく表れてます

紙を繋げて泳いでる感じで描きました

に投稿 コメントを残す

保育園造形 i

真剣なんです

回転寿司!

どんどん描き込みます

5さい「コラージュでお絵描き」
 雑誌や広告などいろんな写真の中から好きな物を選んで、貼って、自分なりに
画面をつくっていく遊びです。
1枚の写真から何かをひらめく子もいれば、とにかく面白い写真や興味のある
写真を集めていく子もいます。
お絵描きがメインで、写真はお絵描きの要素の一つの様な使いかたの子もいます。
大人は割と写真の内容と絵の内容を切り離して使ったり(例えば、車を人の目にしたり)
絵としての色の要素として考えたりしますが、子どもは、もう少しストレートで、写真の
内容の意味を絵のアイディアにする子が多いみたいです。
小学生くらいになると狙って変な組み合わせを楽しんだりします。
このクラスは絵を描くことが好きな子たちが多くて、細かく自分の世界を描き込んで
作品を造ること自体を心から楽しんでいるようでした。
先生の用意してくれた絵の具も丁度よい濃度で、美しい画面になったと思います。

かわいい世界

女の子は絵がメインの場合が多いです

カレー屋さんと家具屋さん

ケーキをいっぱい集めました

左の人物がちゃんと座ってます

その子の生活が感じられます

車にもリボンがついてます

赤ちゃんとモデルさんを集めました

写真をロボットの要素にしています

真ん中の手はお墓を拝んでいます

車屋さん、好きなのかな

造りながら物語が進みます

に投稿 コメントを残す

保育園造形 b

シールは大好きです

ワッと見せてくれます

みんなで描くのが楽しいね

3さい「お家の形の紙にお絵描き」
八つ切り画用紙を観音開きに折り、上側の角を切り落とします
そうするとお家の様な形になるので、そこにお絵描きを楽しみます。
観音開きを開いて「中には誰がいるのかなー」と考えても良いし、お店屋さん
にしてみても楽しいです。もちろんお家と関係のないお絵描きの子もいます。
お家の形は、いつもの四角い紙とは少し違うという、ちょっとしたきっかけなので
そこまでテーマにこだわらなくても良いのです。とにかくお絵描きが楽しめて
先生や周りのお友だちと良い時間をすごし自分ですることの楽しさや自信を
経験して欲しいのです。
今回は、けっこうお家を意識してお絵描きする子が多かったと思います。
あと面白いのは、子どもの「装飾を楽しむ気持ち」です。
「お絵描き」とは明らかに違う、「飾る」という気持ちで色や形を楽しみながら
クレパスやシールを使う子ども達の感覚に驚きました。
こんな3さいの子どもたちにも、飾る事の面白さや美しさが分かるものなんだな-と驚きました。

表、可愛いお顔がいっぱい→

裏、シールみたいなクレパスの飾り

この子は切って余った紙も使いました

表、お店屋さんみたい→

裏、いろんな色がキレイです

あ、シールで鍵をかけちゃった!

お話しながら造ります

画面の端まで遊びます

長く繋げるのに燃えてます

4さい「構成的な遊び」ビニールテープと折り紙
正方形サイズにカットした四つ切り画用紙にテープと折り紙で好きなように遊びます。
ビニールテープは線的な要素ですが、細かく切れば点にもなるし、重ねて埋めるように
貼れば面にもなります。
ですからビニールテープが何色かあれば、相当いろんな遊び方ができるわけです。
形を囲んで絵も描けますし、色と形の楽しさで画面を構成することもできます。
折り紙は面的要素の手助けと、折り紙独自の遊び方(折ったり、形を自在に変えたり)のために
合わせて出しました。
クレパスは、画面をより自分の思う様にしたい子の為に後出しで加えました。
こういう活動はゴールに答えの形の無い遊びです。環境の中で自分なりに楽しみを見つけて
遊ぶものです。造形らしい造形といった感じです。
ビニテをビーっと伸ばすのも楽しいし、自分なりの法則を繰り返したり、たまたまやってみた
形から何かを思いついたり、遊び方は様々です。
そしてそれは、自分の目の前に、文字通り「白紙」から遊びを創造し、形にする事ができる力を
育みます。
最近、私は、この「白紙から目の前に無いものを想像し造っていく力」は、例えば勉強とときの
ノートの取り方や、仕事の段取りや、快適に収納する事、さらには自分の生き方を想像する事な
ど、賢く楽しい大人の力として大切な力なのではないかと考えています。
そればかりではありませんが、造形の保育における大切な要素の一つだと思います。
自分で自分なりに物事を考えられる人になって欲しいと思います。

クレパスでその子らしさが出ますね

きっちりやり方を決めてから貼っていました

自分で名札を付けちゃった