に投稿 コメントを残す

保育園造形 i

始めは形を描きたい子も

しだいに混ぜ混ぜが始まります

まだまだ満足しない様子

3さい「絵の具で遊ぼう」
今年度、子ども達は絵の具の経験をたくさんしてきましたが
年度末にもう一度絵の具でたっぷり遊ばせたいなと思い
この活動になりました。
かなり濃いめに溶いた絵の具でしたが、4月に比べて
体力も集中力もしっかりついてきた子ども達は
四つ切り画用紙という遊び場の上をグイグイ筆を
動かし、力一杯満足の行くまで、しっかりと遊び込んでいました。
この一年間、3さいさんには、「自分でするって楽しい!」という気持ちを
育ててあげることを目標に活動をつくってきました。
大きな紙を前に「僕はこんなにできるんだぞー!」と言わんばかりに
遊んでいる姿を見ていると、実に頼もしくなります。
絵を描く力=自分で生きる力を見ているようです。
4さいになったら、何をして遊ぼうか、今から楽しみです。

折り紙は遊びを広げます

できる事が増えました

次はどこに貼ろうかな

筆を振って垂らしてます

絵の具の上からクレパスをしちゃいました

貼っては埋めての繰り返し

丹念に遊びましたね

結構、個性が出ます

もう紙が重くなりました

字も絵も混ぜもクレパスも

雑巾で擦ってみる子も

やっと満足してくれました(笑)

に投稿 コメントを残す

保育園造形 b

まずはギターから描いてみる

勢い余って隣にもう1人描きました

弦を押さえる手がいいね

5さい「パレットで描こう 〜担任の先生〜」
毎年5さいさんは、大好きな担任の先生を大きな紙に描くのに挑戦します。
この子たちは、パレットの経験が多く、かなり自分なりに
使えるようになって来ていたので
大きい絵+ギター+人間+パレットで描く
という、かなり難しい活動にチャレンジしてもらいました。
赤、青、黄、白、茶の5色をパレット(トレー)に貰い
自分で色を混ぜながら、水加減も調節しながら
描きます。
紙の大きさは四つ切り画用紙の2枚つなぎです。
導入では、先生に「100%勇気」をギターで弾いてもらいながら
みんなで合唱したり、ギターの部品のお話をしてもらったりしました。
私の役目は「ギターを先に紙の真ん中辺りに描くと進めやすいよ」
というアドバイスをするくらいでした。
真剣にドンドン描いていく子ども達の姿は、見ているこちらが
ドキドキしてしまいます。
結果は、ごらんの通りです。
絵の上手い下手というよりも
こんな難しそうな課題を前にしても、臆する事無く
やってみよう!と思える「心の育ち」が大切なのだと思います。

カラフル音符が楽しそう

元気に描きました

踊っているかのよう

細筆で集中して描きました

体の動きが面白い!

優しそうな先生です

表情がたまりません

イエーイ!って感じ

椅子に座っている感じがいいね

給食のミカンも造形に

おまけ
給食で出たミカンを食べ終わった後で
女の子が遊んでいました。
生活の中にとけ込む造形です。
に投稿 コメントを残す

保育園造形 i

真剣なんです!

絵の具を楽しんだ感じ

格好良い!花火?お花?

5さい「オリジナルシャツを描こう」
お家から白いシャツを持って来てもらって
自分だけの素敵なシャツをつくりました。
フラッグカラーというアクリル絵の具で
乾くと洗濯もできます。
子ども達は、画用紙に描くのとは違う感触や
心持ちを楽しみながらも、あまり迷う事無く
どんどん描き進めていました。
アクリルのドロドロ感を楽しむ子がいたり
絵を描いてお気に入りにしたり
着る物ならではの装飾を楽しんだり
それぞれのシャツに対するアプローチの
違いも面白く、感心してしまいました。

t-シャツをよく知っている子です

フルーツ盛りだくさん

ミッキー&ミニーさん

カラーとモノクロのバランス!

ガッツリ装飾

ガッツリ装飾2

色の重ねを楽しみました

デザインがすてき

女の子らしい模様

首元が可愛い

長袖を上手くデザインしました

バックプリントのリュックです

に投稿 コメントを残す

保育園造形 h

力強い筆跡が素敵

どんどん色を重ねます

点もきれいに残るからこそ、こんな遊びになるのです

3さい「絵の具で描こう」
今回は水をあまり混ぜないで、濃いトロトロ絵の具でした。
3さいの子たちは、体力的にも精神的にもずいぶんと力強くなっていて
こんなに濃い固い絵の具でも「グイッ」と筆を動かし、四つ切りの紙
いっぱいに遊んでしまいます。
固目の絵の具の面白い所は、あまり流動的ではないので、筆跡がしっかり
残るのと、混ぜ込んでぐちゃぐちゃ色になっても、また上から描き重ねる
ことができることです。
混ぜたり、描き起こしたり、また混ぜたり
手に付けてスタンプしたり。
固い絵の具ならではの遊びを楽しんでいたようです。
まっすぐ完成に向かうのとは少し違う、描く事(付ける事)自体を遊ぶ
ことが大事な時期です。
周りの大人も、子どもの「した事」自体を認めて、褒めてあげるのが
素敵な関わり方です。

吹き出す様なパワー

幾重にも色が重なります

がっつり遊べましたね

曲がってる感じを捉えました

ラッパの部分から音が出てます

白い丸はストラップ部分です

4さい「見て描く サックス」
担任の先生が学生時代にやっていたサックスを持って来てもらいました。
描く前に先生に少し音を出してもらったり、子ども達も首から下げさせて
もらったりしました。
瓶に、トロトロくらいの絵の具を用意し、1セット4人ずつで使いました
色は、サックスに使いそうな、オレンジ、黄、茶、白や、実際には無いけど
それ以外に、絵を支える色(描く事を楽しむ為の色)ピンク、水色、黄緑、です。
4さいには少し難しいモチーフでしたが、子ども達の前向きな気持ちと
自由な筆使いで、それこそ、ジャズを聞く様な、とっても素敵な時間になりました。
「いや〜、大人でも描けって言われたら困っちゃうよね〜。」と先生達と感心してしまいました。
許されるなら、持って帰って家に飾りたくなりました。

楽しそうな画面ですね

ジャジーだな〜!

勢い良く鳴ってます

ピアノから描きました

もはやコンサート!

形を捉えつつも色で遊ぶ

に投稿 コメントを残す

保育園造形 b

パノラマの様に大きな紙に

巻物みたいですね。

お話がどんどん広がりました

5さい「多素材同時で描こう」
いつもは、クレパスで描いてから絵の具だよーと大人が素材を使う
順番を決めていますが
今回は、絵の具もクレパスも最初から使って良いし、貼りたい素材も
いつ選んでも、何を選んでもいいよ、というふうにしました。
自分で決めて自分で選んで自分で完成させる。それが今回のテーマであり
3さいからの3年間の集大成のテーマです。
様々な絵ができあがりましたが、お話を聞くと嬉しそうに話してくれて
おかしくて一緒に笑ったり、へ〜と感心したり、なるほどと納得させら
れたり、とても良い時間を過ごさせてもらいました。
何を描くか、じっくりと考えてから取りかかる子もいれば、とりあえず
お気に入りの素材を選んで、そこから発想して描く子もいたりします。
途中で紙を継ぎ足せる事を伝えると、どんどん絵が長くなる子もいました。
薄い絵の具も、ここまでデリケートに使えるなんて、凄いことですね。
3年かけて、素材と道具と、しっかりお友だちになれたようです。

恐竜の親子らしいです

上下左右に広げる子も

音が聞こえてきそう

大きな鬼と雷と

お絵描きがメインになりました

こういう使い方もあります

かわいらしい線の絵です

象さんが水を飲みに来ました

お魚の勢いを感じます