に投稿 コメントを残す

保育園iクラスプロジェクト2日目

3さい「小さな紙にお絵描き(いろんな形で)」

前回6月6日の続きの活動です。

今回は紙の形や色を増やしたものを用意しました。

子どもたちは前回の活動で、面白味ややり方をわかっているので

先生の呼びかけに嬉しそうに応えてくれていました。

前回より変わったところは、みんな自信をもってどんどんやること。

貼り方が上手くなっていて、模造紙のスペースをうまく

バランスを取る様にして貼っていたこと。

形を組み合わせてお絵描きを考える子が出てきたということですね。

とっても満足そうでしたよ。

 

 

 

 

4さい「素材としての絵の具を楽しもう」

前回は色画用紙で絵の具遊びをしましたが

今回はトロトロに溶いた絵の具で自由に遊ぶ活動をしました。

初めは形を描こうとしていましたが、だんだん色混ぜが楽しく

なってくると、そちらの方の興味にものめり込んでいきました。

途中で割り箸で削る遊びと、折り紙を貼り付ける遊びも紹介しました。

描いて、削って、貼って、また描いて、とずっと遊べる感じです。

 

 

 

 

 

5さい「自分で考えて作ることを楽しもう」

前回は色画用紙をメインにした制作をしました。

今回は空き箱をメインに使って作りました。

空き箱は立体の物なので、子どもたちからしたら

立体のイメージが作りやすい素材です。

土台になる厚紙も使って、飾ることを意識しながら

作ってもらいました。

5さいになると、ただ箱を組み合わせるだけではなくて

自分のイメージに近づける様に、ちゃんと加工しながら

作っている姿が印象てきでした。

別々で材料を作ってから組み合わせるなどの計画性も見られました。

飾るという意識も制作に影響している様でしたね。

 

今回クラスプロジェクトということで「活動を発展させながらつくってみよう」

ということに挑戦してもらいました。

関連した似た様な活動でも、設定が変われば違う遊びに発展したり

一度した経験が活動を深めたりすることが経験できたと思います。

この経験は共同制作の時に活かされそうです。

に投稿 コメントを残す

幼稚園c クラスプロジェクト1日目

年中ゆり「泥団子をつくろう」

連続企画クラスプロジェクト、ゆり組さんは「泥団子」に挑戦しました。

この園は街中の園で普段はお団子をつくる良い土と触れ合えません。

なので作らせてあげたい、ということでやることになりました。

土は購入しました。

水を混ぜて、先生にも手伝ってもらいながら丸たお団子。

子どもにとってどんな体験になったのでしょうか。

次回はお団子に色を付けるのだそうです。さてどうなるか。

 

 

 

年中きく 「ロボットをつくろう」

連続企画クラスプロジェクト、きく組さんのテーマは「ロボット」

子どもたちが廃材工作で作りました。

それぞれ自分なりの工夫が見られて素敵です。

ロボットは、ただロボットというよりは

「何ロボット」なのかを想像しながら作ると

よりアイディアのきっかけになって楽しめるみたいです。

次回は大きなロボットに挑戦する予定です。

 

 

 

年長「水族館をつくろう」

連続企画クラスプロジェクト、年長は「水族館」です。

前日に遠足で水族館に行った年長さん、楽しかった思いを

作品作りに発展させました。

1日目は遠足でどんなお魚がいたか思い出しながら

自分の描きたいお魚をお絵描きしました。

描いたお魚は切り取って、みんなで飾って大きな水族館

みたいに泳がせることにしましたよ。

 

次回は工作で水槽を作ってそこにお魚を入れて飾ることに

なりました。どうなるのでしょうか。

担任も私もドキドキしながら進めています。

に投稿 コメントを残す

保育園i クラスプロジェクト1日目

3さい「小さな紙にお絵かき」

クラスプロジェクト①「お絵かきをいっぱいしよう」

クラスプロジェクトとは、カリキュラムで決められた活動以外に

1ヶ月集中して繋がりのある活動を楽しもうというプロジェクトです。

 

今回はお絵描きをテーマに、いっぱい描いて楽しむ体験をしてみたいという

ことで、今回と次回でやることになりました。

 

小さい紙は気軽にどんどん描けるので楽しいですね、しかも描いたら飾れる

設定にしたので、子どもたちにとってもそれが喜びになっていました。

描いて飾ったお絵描きを「みてー」と紹介してくれる時のキラキラした瞳が素敵でしたね。

 

 

 

 

 

4さい「色画用紙に絵の具で描こう」

クラスプロジェクト①「素材としての絵の具を楽しもう」

いつもは白い紙に描いていますが、今回は色の紙です。

色の紙に絵の具を付けると、いつもの色の見え方が違って感じて

不思議ですよね。黒い色画用紙を選んだ子などは、コントラストの

綺麗な感じに驚きながら遊んでいました。

 

絵の具は「描くための道具」ではありますが、子どもにとっては

不思議で綺麗な面白い素材なんです。また遊びながら自分なりに

素材の特徴を感じることは、今後の表現を広げることにもなると思います。

 

 

 

 

5さい「ホチキスで自由につくろう」

クラスプロジェクト①「自分で考えて作ることをたのしもう」

自分で発想したり、それを実現させるために考えたり、困ったりすることは

造形ならではの体験で、またそれを自分のペースでできるのも造形の良いところです。

 

5さいは、そんな「自分で考えてつくる体験」を集中的に体験してみようということになりました。

 

今回は、色画用紙を使って好きなものを作って、自分で飾ろう、という活動でした。

丸めたり折ったりして立体的にする子もいれば、平面の形をつなげて作る子もいたり

1人ひとりが、ちゃんと自分の制作に向き合っているのが良かったと思いました。

 

作品ができたら段ボールの板に、自分が素敵と思える様にセティングしてみんなで飾りました。

 

次回は廃材なども使う予定です。