に投稿 コメントを残す

心の花

繊細な色使いですね

こんな形を生み出すなんてすごい

いろんな色を作りました

5さい「心の花」
4つ切りの画用紙を縦に2枚つないだ大きな紙に
オリジナルの自分だけのお花を考えながら描く(育てる)活動です。
長い紙の端っこに好きな色で種を描きます。
そこから、茎や葉っぱやお花を考えて描いていくのですが
何色にしようか、どんな形の葉っぱにしようか
茎は真っ直ぐかグネグネか
小さいお花か、大きな花火のような派手なお花か。
全て子どもが自分で決めて、自分で描きました。
自分の好きにできる気持ちよさにハマると、どんどん紙を繋げて
長くて大きな作品になっちゃいます。すごいです。
激しい作品も、シンプルで繊細な作品も
どちらも美しいのです。本当にそう思います。
今回はパレットで色を作りながら描きましたが
瓶などに溶いた何色かの絵の具で描くやり方でも楽しめますよ。
その場合は紙の上で色混ぜして良いことを伝えてあげるといいと思います。
紙の大きさは4つ切り2枚がベストです。サイズ感は大事です。

周りの装飾にハマる子も

時間をたっぷり掛けました

集中力がすごい

お顔がついてる

元の大きさの倍くらいになった

に投稿 コメントを残す

クレパス絵の具、ダンボール構成

大きい紙にクレパス!

絵の具も一緒につけてみよう

おかわりもたくさんしました

3さい「クレパスと絵の具でお絵描き」
クレパスでお絵描きしてからそこに絵の具をつけると
どんな面白いことが起るかな。
画材の面白さに気がつきながらお絵描きを楽しむ活動です。
画題は特になく自由。
具体的な絵になってきた子もいれば、色と線とで遊ぶ子もいますね。
絵の具も6色用意しましたよ。楽しいですね。
4さい「ダンボールの構成遊び」

進め方はそれぞれ

クレパスの使い方がすごい

力強く塗っていますね

ランダムにカットされたダンボールの中から
好きな形を選んで、それを画用紙の中で構成して画面をつくる遊びです。
積み木みたいに形を積み重ねたり
何かに見立てたり
一枚の絵の部品として使ったり
反応のしかたや進め方は個々に違っています。
構成遊びは、「どこまでできるかな」というより
「何をするのかな」という見方ができる活動です。
思いもよらない発想に出会えるので楽しいですよ。
今回はクレパスと絵の具も合わせました。
さらにその子らしさが見えますね。

滲みに心を寄せながら

ダンボールの上も綺麗ね

紙全体がお顔になりました

に投稿 コメントを残す

ムニョムニョさんをつくろう

ムニョムニョさんだよ

武器を持ってるねー

シッポが長〜い

年長「ムニョムニョ切りからムニョムニョさんをつくろう」
年長さんは最終的には、自分のつくりたいと思うものを
自在につくれるようになるのが理想です。
そのためには様々な技術を習得する必要があるわけで
それは普段の遊びや制作から自然に身についていくものでもありますが
一回みんなで意識的にやってみようか
というのが今回のねらいですね。
今回はハサミを意識的に細かく動かす体験と
その技を使ってつくる遊びです。
八つ切り半の色画用紙をムニョムニョと切り取って
できた変な形を利用して自分だけのキャラクターをつくりました。
手足や耳やシッポを付けたり、赤ちゃんをつくって抱っこさせたり
顔を描いたり、飾りを付けたり。
一人一人の様々なムニョムニョさんができました。
つくった後にお友達と遊ぶのも楽しそうでしたよ。

ワニみたいになってきた

ばんざいしてるね

切り離した形をうまく使いました

いい顔だなー!

すごく細かく出来てます

リボンで肩から下げるのもいいね

立体的なクワガタかな

楽しくなっちゃうねー

抱っこしてるのがかわいい

髪の毛までキラキラ

妖精ちゃんかな。手がすてき

ゆりかごもつくっていました

に投稿 コメントを残す

紙皿ペットちゃん、自由画

周りに切れ込みを入れていきます

お顔にもシールを使ったよ

お散歩楽しいよ

年少「紙皿ペットちゃん」
短い時間でつくれる簡単おもちゃです。
紙皿の周りに切り込みを入れて、ちょっと折ります
クレパスで模様やお顔を描いた後
先生に尻尾をつけてもらい飾ります。
リードをつけてもらって完成です!
引っ張って、お散歩させて遊びます。
自分のおもちゃを自分でつくると
大切にしたくなりますよね。
年中、年長「自由画」

すごい色になってきたね

描き分けてるなー!

いっぱい描くようになりました

八つ切り半の画用紙に好きなものを描きました。
年中も年長も、描くことで困る子がいないのが
すばらしいことだと思います。
どちらも、絵の内容が細かく濃くなってきたように思います。
水性ペンの性質もよく理解して使いこなしてますねー。
下の写真は年長さん

年長さんも好きな絵です

蝶々の羽が美しい

よく行くのかな、すごく細かい

大きな空と太陽だねー!

いろんな味のかき氷屋さん

一つひとつの形がかわいいね

に投稿 コメントを残す

小さい紙にお絵描き

クレパスで小さい紙に

できたー!

どんな感じに描けるの?

年少「小さい紙にお絵描き」
コピー紙の B5の¼サイズのものにクレパスで好きな絵を描きました。
大きい紙とは違って、気軽にいっぱい描けるのが
楽しみどころです。
できたお絵描きはみんなで一緒に教室に飾りました。
飾るのも、切ったセロテープを用意しておいて
子ども自身に好きな場所に自分で飾ってもらいました。
お絵描きは小さくても良いから、いっぱい描いて
慣れちゃうことが大事です。
年中さんくらいになってお絵かきが嫌いになる子は
経験不足とそれゆえの不安が原因であることが殆どです。
上手とか苦手とか関係なく、楽しくいっぱい描いて褒められる経験が
お絵描き嫌いの子を作らないポイントなのではないでしょうか。
最低限、嫌いにさえならなければ、これから楽しみにも
いっぱい出会わせてあげることができます。
立派でなくてもい良いのです、お気軽に、へっちゃらに楽しめるといいですね。
逆に言うと、立派なものばかりに目を奪われて
こういう小さな子どもの世界に、美しさや、可愛らしさや
価値を見出せない人は、先生には向いてないと言うことでもありますね。

みんなの絵が集まって来たね

色が好きですね

気に入ったものは繰り返し描きたくなっちゃいます

外を塗ることで形を浮きだたせてる

なんかいるねー

飾るのもモチベーションになりますね

年中「小さい紙にお絵描き」

水性ペンで描きました

相談しながら描いたりします

他の壁もこんな感じになりました

年中さんも同じ活動をやりました。
こちらは水性ペンです。
細かったり、色が鮮やかだったりして綺麗です。
最後は教室の壁全部が小さいお絵描きでいっぱいになりました。

ちょっと斜めなのがかわいい

こだわりが出てきました

水性ペンてきれいだね