に投稿 コメントを残す

ビニールテープと丸シール構成

「ビニールテープの構成遊び」

カラフルなビニールテープと丸シールを使って制作しました。

ビニールテープは直線が描けるのが面白味になりますね。

短く切ると点の要素にもなるし

埋めるように貼ると面もできます。

丸シールはアクセントにもなるし、並べて貼ったり重ねたり

アイディア次第で色々と工夫が広がりそうです。

具体的な絵の要素にするのも、抽象的に色と形で遊ぶのもいいですね。


構成遊びは、その子の興味や発想で自分なりに制作できるのがいいところ。

あと素材が発想のヒントになるのもいいところ。

に投稿 コメントを残す

真ん中立て飾り

「真ん中立て飾り」

画用紙に切り込みを入れて、中央に飾りが付けられるように盛り上がりを

つくってみました。(写真では分かりにくいですね。)

中央の飾りと周りの空間をどう使って何をつくろうかなっていう感じです。


子どもにとっては、お絵かきのように2Dで表すのが慣れているのですが

お絵描きが立ち上がると、思ったよりも楽しい気持ちになるよねー

というのを体験してもらいたかったのです。


それにしても子ども達は、本当にいろんなことを考えますね。

特に高学年の子達は、一つ工夫してやろうという感じが良いです。

に投稿 コメントを残す

8マスすごろく

「8マスすごろくをつくろう」

新年1回目の造形教室では、すごろくをつくりました。

今回のルールは「8マス(スタートとゴール含めて)でつくること」

8マスなので普通につくるとすぐに遊び終わってしまうので

工夫して、楽しく遊べるにはどんなマスがあればいいか考えてつくろう!ということです。

アプリやゲームで遊ぶというのは、誰かの考えたプログラムの中で遊ぶということです。

たまには、ゲームのルールを設定する側に回ってみる経験もいいですよね。

あえて永久にゴールできないでしょそれは!という子もいましたけど

そういうのも含めて楽しさに気がついてくれたらいいなと思いました。

ちなみに今回のサイコロは100均の木の立方体に自分たちで目を描いてもらいました。

サイコロの目自体も工夫している子もいましたよ。

に投稿 コメントを残す

クリスマスリース

「クリスマスリースをつくろう」

工作でリースをつくりました。

土台の素材は、コンロのカバーです。

シルバーだし、丸いし、ホチキスもテープも使えるし、これはちょうど良いなと思って

使いました。飾りの素材は100均で、使えそうなものを色々用意しました。

工作コーナーだけではなく、台所用品コーナーとか、探すと色々あって

本来の用途とは違う使い方で工作に使えそうなのを見つけると

子どもたちは、これをどうやって使うかなーとワクワクします。

土台はみんな一緒でも、子ども一人ひとりの発想はみんな違っていて

リースをつくろうという縛りの中でも、いろんな発想をしてくれて

素敵なクリスマス飾りになりました。お家で飾ってもらえたらうれしいですね。

に投稿 コメントを残す

1ヶ月前のサンタクロース

「約1ヶ月前のサンタクロースはなにしてる?」

12月24日のサンタクロースは、大忙しだけど、12月5日の今日は何をしてるかな。

プレゼンントの準備かな、まだ寝てるかな、買い物かな、トナカイと遊んでるかな。

そんなことを考えて絵にしてみよう、という活動です。油性ペンと絵の具です。

小さい子はともかく高学年の子たちはどんな風に考えるのか、少し不安なところもありましたが

やはりサンタの存在は素晴らしく、みんなそれぞれに考えてくれました。

お家の中にプレゼント工場があったり、いい子がいるか見回っていたり、サンタの仲間で手分けて

働いていたり、いろいろでましたね。

ただ1ヶ月前という感覚からか、遊んでるサンタはいなくて

そりゃー、全世界の子ども達に配るんだから、1ヶ月前ぐらいから準備するだろうなー

という子どもなりの判断だったのかもしれません。

夏にこの課題を出したら、また違う絵ができるかもしれませんね。