に投稿 コメントを残す

かみぐるみをつくろう

造形教室「かみぐるみをつくろう」

 

布と綿と針と糸で作るのが「ぬいぐるみ」ですが

今回は、紙とホッチキスで作るので「かみぐるみ」です。

コピー紙くらいの薄めの紙を

表と裏と2枚同じ形を切って、周りをホッチキスで止めます。

全部止めずに少し残し、袋状になったら、中身を入れます

この時は綿の代わりに、コピー紙をちぎって入れました

新聞紙なども綿がわりになります。

中身を入れたら再びホッチキスでポケットの口を閉じて基本形の完成です。

幼稚園生は、ここまでみんな一緒にやって、ここからのアレンジにしました

抱っこするくらいの大きさで、かわいいですよ。

小学生は仕組みだけ教えて、作りたいものを作ってもらいました

 

小学生は細かい形を作る子が多かったですね。

個性があってかわいいのですが

小さい作品が多くなってしまいました。

小さくてもいいのですが、手のサイズでの物作りと

腕のサイズでの物作りでは、体験的に異なります。

手のサイズの制作は、その子が自分を超える様な全力を出す感じには

なり辛く、これは少し考えなくてはいけないなーと思いました。

基本の大きさだけでも提案しても良かったかもしれません。

 

 

に投稿 コメントを残す

パイナップルを描こう

造形教室「パイナップルを描こう」

 

今回は夏らしくパイナップルに挑戦しました。

クレパスで形を描いて、絵の具で色を入れています。

本物を見ながら描いたので、表面の感じや

葉っぱの感じなど、とても細かく描いています。

パイナップル表面は複雑ですが

よく見ると法則のようなものがあったり

でも、見れば見るほどわからなくなったりして

結構難しいとは思うのですが

みんな自分なりのやり方で果敢に表現してくれました。

 

絵の具も大雑把に塗らずに、本物を色を

感じながら描いていっているようでした。

 

に投稿 コメントを残す

段ボールのオブジェ

教室造形「段ボールのオブジェ」

新コロナウィルスの感染拡大防止のためにお休みをしていましたが

やっと少しずつ再開することになりました。

三密を避けるためにクラスの子たちには分散してきてもらったり

消毒や換気などに注意しながらやってます。

 

子どもたちにも教室としても大変なことはありますが

少しずつでもやっていくことが大事なのかなとも思います。

 

さて、今回は「ダンボールで好きな形を作る活動です。

ランダムにカットしてある段ボールを使って、厚紙の上に

作っていきます。

 

つなぎ方はビニールテープや切れ目を入れての挟み込みです。

段ボール以外にも飾る為の素材をいろいろ用意しました。

 

久しぶりの教室なので自由度が高くて、各自のやりたいことができる

活動の方がいいなと思い、こうしました。

考えながら作る人、とにかく段ボールを選んでどんどんと

組み立てていく人、いろいろいましたが

みんな楽しそうに一生懸命につくっていました。

に投稿 コメントを残す

扉の向こうは?

 

「扉の向こうは?」

お絵描きは自由に描いても楽しいのですが

何か「きっかけ」があると

その子が普段しないことや

描かない絵が出てきて

楽しいのと、表現を広げてくれるのでは

ないかな、と思い

この「きっかけからお絵かき」を活動にします。

今回は扉の仕掛けを色が用紙で作って、それを貼って

そこから絵を考えてもらいました。

扉を潜った向こう側に何を見るのか

けっこういろんな発想が見られて楽しかったです。

ペンと色鉛筆と絵の具で丁寧に、2回をかけて描きました。

に投稿 コメントを残す

乗り物をテーマに

「乗り物をテーマに」

造形教室の小学生です。

乗り物をテーマにお絵描きを考えることにしました。

乗り物は、現実の好きな乗り物でもいいし

自分で考えた架空のものでもいいし

たとえば、動物だってなんだって、乗ってれば乗り物と考えられるね。

ということにしました。

 

教室としては、出したことのないテーマだったので、どこまで広がるか

考えることを楽しめるのか、不安なところもありましたが

小学生だったら、いろいろアイディアが出るかなーと思い、活動にしてみました。

 

自分自身が小学生の頃、自由帳に架空の乗り物とかを落書きしていたのも

思い出しましたね。地面の中を進むドリルのマシンとか、懐かしいなー。