に投稿 コメントを残す

穴あき顔

造形教室「穴あき顔」

 

四つ切り画用紙に、写真の様にあらかじめランダムに穴を開けておき

この穴を「くち」に見立てて、お顔を描いてみようという活動です。

 

絵の具を使って思いっきり描くことを楽しむのが狙いです。

怖い顔、ヘンテコな顔、可愛い顔、どんな顔でもOKですよ。

とろとろの絵の具は混ぜたり、一度塗った上からまた描けたりするので

絵の具という素材を楽しみながら描ければいい感じです。

 

今回は年中さんから小学生までいろんなお顔が出来上がって面白かったですよ。

 

に投稿 コメントを残す

ホッチキスでつくろう

造形教室 幼児「ホッチキスでつくろう」

 

白い画用紙の端切れを使って好きなものをつくってみようという活動です。

ホッチキスの扱いがみんなうまくなってきたので端切れで遊んでみました。

端切れは一見ゴミの様ですが

誰かの偶然残した形が、別の誰かの発想を刺激する

とっても不思議で魅力的な素材です。

できた作品は子どもたちなりにストーリーがあったりします。

壁に飾ったりすると可愛いですよ。

 

 

 

 

 

造形教室 小学生「三連飾り」

 

画用紙の中央をくり抜いて

真ん中に浮かんで揺れる様にお絵描きをつけたものを

三個作って繋げました。

なぜ三連かというと、三連ぐらいがいい感じがしまして

ぶら下げて可愛らしい飾りになるような気がしたからです。

作りごたえ的にもちょうどいい感じです。

四連だとちょっとしつこい感じがします(個人の感想です)

 

仕組みは簡単なので低学年から高学年まで

それぞれに楽しく作れると思います。

季節の飾りにもなりそうですね。

に投稿 コメントを残す

ビニテと絵の具の構成遊び

造形教室「ビニールテープと絵の具の構成遊び」

 

ビニールテープのきちっとした感じと

絵の具の柔らかい感じがとても良い相性です。

学年が上がるほどに先を見通しながら

しっかりとイメージを具現化していくようです。

小さい子から大きな子まで

その子なりに工夫して遊べるのが

構成遊びというジャンルの良いところです。

に投稿 コメントを残す

春キャベツ

造形教室「春キャベツを描こう」

旬の野菜や果物は、パワーがみなぎっている様な美しさがあります。

今回はそんな季節の野菜を見ながら描いてみました。

葉の色の違いや、芯や葉脈などにも注目しながら

キャベツがそこにある!という存在感が大切ですね。

 

幼児のみんなは色混ぜも楽しみながら思いっきり描いてます。

小学生は観察したことを捉えながら描いています。

どちらも描いた後の周りの工夫もいい感じです。

 

に投稿 コメントを残す

講師を描こう

造形教室「講師を描こう」

造形教室の子達にも人物画にチャレンジしてもらいたくて

講師がモデルになって描いてもらいました。

 

幼児、小学校低学年は「立っているポーズ」

高学年には「座っているポーズ」です。

 

私は肌の色が普通よりも黒いので

クレパスの「うすだいだい」だけではなく

そこも考えて工夫してもらいました。

 

人物画は難しくて、抵抗があるかなと思いましたけど

意外と前向きに取り組んでくれて

良い表現も見られたので良かったです。

小さい子の可愛い絵も魅力的ですが

大きい子のしっかりと形を捉える目も素敵だなと思いました。