に投稿 コメントを残す

幼稚園c クラスプロジェクト1日目

年中ゆり「泥団子をつくろう」

連続企画クラスプロジェクト、ゆり組さんは「泥団子」に挑戦しました。

この園は街中の園で普段はお団子をつくる良い土と触れ合えません。

なので作らせてあげたい、ということでやることになりました。

土は購入しました。

水を混ぜて、先生にも手伝ってもらいながら丸たお団子。

子どもにとってどんな体験になったのでしょうか。

次回はお団子に色を付けるのだそうです。さてどうなるか。

 

 

 

年中きく 「ロボットをつくろう」

連続企画クラスプロジェクト、きく組さんのテーマは「ロボット」

子どもたちが廃材工作で作りました。

それぞれ自分なりの工夫が見られて素敵です。

ロボットは、ただロボットというよりは

「何ロボット」なのかを想像しながら作ると

よりアイディアのきっかけになって楽しめるみたいです。

次回は大きなロボットに挑戦する予定です。

 

 

 

年長「水族館をつくろう」

連続企画クラスプロジェクト、年長は「水族館」です。

前日に遠足で水族館に行った年長さん、楽しかった思いを

作品作りに発展させました。

1日目は遠足でどんなお魚がいたか思い出しながら

自分の描きたいお魚をお絵描きしました。

描いたお魚は切り取って、みんなで飾って大きな水族館

みたいに泳がせることにしましたよ。

 

次回は工作で水槽を作ってそこにお魚を入れて飾ることに

なりました。どうなるのでしょうか。

担任も私もドキドキしながら進めています。

に投稿 コメントを残す

ホッチキス、廃材工作カメラ

4さい「ホッキキスを使おう」

 

初めてのホッチキスでした。

ホッチキスは、糊の様に乾き待ちをしないで、どんどん形をつないでいける

楽しくて便利な道具です。

一度覚えて使える様になれば、できることがグッと広がる

素敵な道具です。4さいくらいになればクラスのほとんどの子が

使える様になるので、とってもおすすめです。

 

今回は初めてだったので、細長い紙を沢山つなぐ遊びをしました。

使っているうちに名人になってしまう感じですね。

細長い紙で作れるものを色々と工夫して

自由につくっている姿も楽しそうでしたよ。

 

手を動かす→仕組みが分かる→応用する

 

そんな進化を短時間の間に見せてくれる子どもたちって凄いですね。

 

 

 

 

 

 

5さい「カメラを作って撮影大会」

 

廃材工作でオリジナルカメラを作りました。

さまざまな廃材の組み合わせで

自分だけの素敵なカメラになりましたよ。

穴を開けるのだけ、少し難しいので大人が手伝っていますが

それ以外はみんな自分で作っています。

素材をなんとなく触りながら

「はっ」と閃く瞬間の表情って、こちらも嬉しくなってしまいます。

 

作った後は、カメラを持って撮影大会です。

カメラを構えて、穴からのぞいて、「カシャ」っと撮る”ふり”をしたら

小さい紙に鉛筆でお絵描き(撮影)する、という遊び方です。

初めに渡した10枚くらいはすぐに終わっちゃうくらい

夢中になって撮りまっくっていましたよ。

に投稿 コメントを残す

はさみ、ホッチキス、プラバン

年少「はさみでつくろう」

カードサイズの紙を好きに切って作ります。

ただ四角いだけだった紙に、はさみを入れて

カットすると、そこに形が生まれます。

お山になったり、滑り台になったり

リボンになったり、たこさんになったりします。

自分で切った形から「何か」を閃く瞬間

子どもたちの目が輝きます。

できた素敵な形はお部屋に飾りましたよ。

 

 

 

 

年中「ホッチキスでつくろう」

年中さんはホッチキスの2回目です。

色画用紙をハサミで切って、ホッチキスでつなげます。

先にイメージがあって組み合わせていく子もいれば

でたらめに切ってみてから思いつく子もいますね。

ただつなぐだけでも面白かったりします。

お友達と一緒につくる子もいました。

年中さんもみんなで飾りました。

 

 

 

 

年長「プラバンでプレゼント」

父の日に向けてプレゼントを作りました。

今回は裏が曇っているタイプのプラバンで

色鉛筆が使えるもので描きました。

細かい絵になるので心配でしたが

しっかりと濃くできていて良かったと思います。

油性ペンよりソフトな感じがいいですね。

プレゼントする分と自分の分とを作って

お家に持って帰りました。喜んでもらえるといいですね。

に投稿 コメントを残す

ビニテと絵の具の構成遊び

造形教室「ビニールテープと絵の具の構成遊び」

 

ビニールテープのきちっとした感じと

絵の具の柔らかい感じがとても良い相性です。

学年が上がるほどに先を見通しながら

しっかりとイメージを具現化していくようです。

小さい子から大きな子まで

その子なりに工夫して遊べるのが

構成遊びというジャンルの良いところです。

に投稿 コメントを残す

保育園i クラスプロジェクト1日目

3さい「小さな紙にお絵かき」

クラスプロジェクト①「お絵かきをいっぱいしよう」

クラスプロジェクトとは、カリキュラムで決められた活動以外に

1ヶ月集中して繋がりのある活動を楽しもうというプロジェクトです。

 

今回はお絵描きをテーマに、いっぱい描いて楽しむ体験をしてみたいという

ことで、今回と次回でやることになりました。

 

小さい紙は気軽にどんどん描けるので楽しいですね、しかも描いたら飾れる

設定にしたので、子どもたちにとってもそれが喜びになっていました。

描いて飾ったお絵描きを「みてー」と紹介してくれる時のキラキラした瞳が素敵でしたね。

 

 

 

 

 

4さい「色画用紙に絵の具で描こう」

クラスプロジェクト①「素材としての絵の具を楽しもう」

いつもは白い紙に描いていますが、今回は色の紙です。

色の紙に絵の具を付けると、いつもの色の見え方が違って感じて

不思議ですよね。黒い色画用紙を選んだ子などは、コントラストの

綺麗な感じに驚きながら遊んでいました。

 

絵の具は「描くための道具」ではありますが、子どもにとっては

不思議で綺麗な面白い素材なんです。また遊びながら自分なりに

素材の特徴を感じることは、今後の表現を広げることにもなると思います。

 

 

 

 

5さい「ホチキスで自由につくろう」

クラスプロジェクト①「自分で考えて作ることをたのしもう」

自分で発想したり、それを実現させるために考えたり、困ったりすることは

造形ならではの体験で、またそれを自分のペースでできるのも造形の良いところです。

 

5さいは、そんな「自分で考えてつくる体験」を集中的に体験してみようということになりました。

 

今回は、色画用紙を使って好きなものを作って、自分で飾ろう、という活動でした。

丸めたり折ったりして立体的にする子もいれば、平面の形をつなげて作る子もいたり

1人ひとりが、ちゃんと自分の制作に向き合っているのが良かったと思いました。

 

作品ができたら段ボールの板に、自分が素敵と思える様にセティングしてみんなで飾りました。

 

次回は廃材なども使う予定です。