に投稿 コメントを残す

段ボール人間、紙粘土制作

3さい「段ボール人間」

大きなダンボールに寝転がって、型をとったものに絵の具で色をつけました。

絵の具で大きな作品を作ることに挑戦するのが目的ですが

みんな自分の分身なので愛着を持って楽しんで描いていました。


自分の持っている洋服の模様にする子や、絵の具遊びとして思い切り塗りたくる子もいます。

人型はあくまでも「きっかけ」なので、人間にしなくてはいけないわけではないのです。


でも3さいの子でも、ちゃんと意識して仕上げる子もいるし、塗りたくりの子も

全くでたらめというわけではなく、一色一色考えながら筆を運んでいました。

不思議とシルエットを見て、お友だち同士で「〇〇ちゃんだー」と分かるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4さい「紙粘土でつくろう」

紙粘土で人を作ることにチャレンジしました。

4さいには結構難易度が高そうな活動ですが

担任の先生が、今年一年を通して、油粘土や土粘土などで遊んできたので

やってみたいとのことで、チャレンジしてみることになりました。


楕円形の塊にした粘土の下側に切れ目を入れて、漢字の「人」の形にして

そこにパーツを付け加えていく作戦にしました。


立たせるのは難しいのですが、結構みんな人になったなーという印象でしたね。

やはり一年粘土に慣れていたからでしょうか。


作品展に向けて、乾いたら絵の具で色をつけるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。