に投稿 コメントを残す

クレパス絵の具、ビニテ構成

3さい「クレパスと絵の具でお絵描き」


大きい紙にクレパスと絵の具で好きに描いて遊びました。

子どもからしてみたら体と同じくらいの大きな紙の上で

それこそ体を大きく使って遊んでいました。


上手にすることの前に、こうして自分の興味にしたがって

思いっきりやることが大事ですし、それを受け止めて

さらに興味を誘ってくれる魅力が、クレパスにも絵の具にもあります。


弾いたり、混ざったり、垂れたり、手についたり

紙とクレパスと絵の具と本人の間におこる現象すべてが

造形活動ということですね。

————————————————————————————————————————


4、5さい「ビニールテープと丸シールの構成遊び」


子どもでも、作品をつくることや、画面に向かうことは

上手にしなくてはいけないと思ったり、ちゃんとしなくてはオカシイと

思ったりするものです。


構成遊びは、そんな凝り固まった考え方から脱却して

造形は好きにやっていいんだ、とか ヘンテコや意味のないことも

作品になるんだ、ということに気がつかせてくれます。


色と形と、画面の中でのそのバランスと、そういう遊び方もあるんです。


かといって感覚やセンスだけでやっているかといえば、そんなこともなく

結構、子どもなりに試行錯誤しながら進めていたりします。


構成遊びをやったことのない先生がいたら、ぜひオススメしたい。

たぶんいつもの「製作の時間」とは、子どもの表情が違いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。