に投稿 コメントを残す

果物を描こう

秋の果物いろいろ

何から描こうかな

おっきいー!よく塗ったね

年中「果物を描こう」
年中さんが見て描く活動に初チャレンジしました。
旬の美味しそうな果物を見ながら「美味しそうに」描こう!という活動です。
今回のポイントは「気持ちを込めて描くと、本当にそうなるんんだよ!」ということ。
クレパスでもなんでも画材は「意識的」に使うことで、自分の感じたことや
表したい感じにできるんだ、ということを体験して欲しかったのです。
固いリンゴを描くときに「固くなれ、固くなれ」とゴシゴシ描くと
本当に固そうなリンゴの絵になります。
「おいしくなーれー」と丁寧にブドウの粒を描くと本当に美味しそうになります。
そういった体験を積み重ねると、今度は自分が表現したいものがあるときに
どうやって描こうかなと、工夫を楽しめるようになります。
目の前にあるものが素敵に描けると、嬉しくなって、その場にない果物も
描いて見せてくれたりします。そこまで楽しめれば最高ですね。
絵の具で飾るのも今までの経験から自分なりに工夫する姿が見られたのも良かったです。
最後に先生が果物をカットしてくれて、子どもたちに配ってくれたのも素敵でした。

絵の具の飾り付けも大好き

絵の具が弾くのも楽しい遊び

優しくてホッとする絵

さくらんぼの楽しさがいい

リンゴの色がリアルだなー

ハート模様にしたんだね

ブドウのつぶつぶ頑張ったねー

絵の具全部混ぜだ

美味しく食べました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。