に投稿 コメントを残す

保育園造形

混ぜるたびに色が変わっていきます

一枚の紙で長く遊んじゃう

慎重に確かめながらつける子も

3さい「絵の具で遊ぼう」
トロトロに溶いた絵の具で遊びました。
描くというより、まさに遊ぶという感じです。
絵の具って筆を動かすたびに様々な表情を見せてくれて
さらにまた色々試したくなっちゃう
そんな魅力のある素材ですよね。
だからこそ子どもは絵の具が大好きだし
飽きずにずーっと遊んでくれます。
興味の持ち所も遊び方も一人ひとり違っているのも面白いです。
4さい「ホッチキスを使おう」

紙を繋げて長く長くしよう

クラス中に繋がってきましたよ

お部屋に飾ると嬉しくなるね

ホッチキスを使って細長い紙を
どんどん繋いじゃおうという遊びです。
4さいさんは初めてのホッチキスなので
いっぱい使って、慣れて、名人になっちゃおう
という目的です。
お友だちとも繋ぎぎ始めると、さらに長〜くなってきて
クラス中が紙だらけになってきます。
お友だちとは繋げずに、個人で繋いだり、何かを作っている子もいます。
どちらにしろ夢中になって、時間があっというまに過ぎてしまいます。
最後は先生がお部屋に飾ってくれて
こどもたちは「パーティーみたい!」と興奮していました。
5さい「新聞紙で構成遊び」

新聞を破いてつくります

クレパスで描き足すのもきれい

絵の具も合わせました

新聞紙を手で破いて、その形を使って画面を構成して遊びます。
何かに見えて絵にする子もいますし
形の面白さひらめきを感じて進める子もいます。
構成遊びはそういう個々の興味や判断が
すごく良く表われるのが楽しいところですね。
先生の目線で言えば
「どこまでできるかな」を見る活動ではなく
「なにをするのかな」を見る活動だと言えます。
新聞紙が白っぽいので紺色の画用紙にしました。
そのことも新鮮に感じたようで
クレパスや絵の具の乗り方にも美しさを感じていたようです。

じっくりと丁寧に仕上げましたね

はみ出すほどだねー

線一本にも考えが込もっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。