に投稿 コメントを残す

幼稚園造形

気がついたり見つけたりしながら描きます

サインペンで細かく描きました

色も丁寧に頑張ってみよう

年長「自転車を描く」
先生の乗ってきている自転車をお借りして、年長さんで絵を描きました
2クラスあって、ママチャリとマウンテンバイクでした。
画材は細かい部品を描けるようにサインペン
色は細かく塗れるように色鉛筆をつかいました。
こういう細かくて複雑なモチーフは、見つけた部品や大切な部品を
一つひとつ描いてそれをつなげていくことで描いていくことを伝えると
子どもでもチャレンジできます。
周りは自転車から発想して、それぞれ自分のアイディアを描いています。
私がモチーフの周りまで考えさせるのは、絵の見栄えをよくすることだけではありません。
理由としては2つあり
1つは、一枚の絵になるべく長く携われるようにしたいから。
そうすることで、何か発見や思いつきやハプニングなど
試行錯誤の可能性が増えることを期待しているのです。
もう1つは、子どもの“全力プラスちょっと頑張る”を引き出したいから。
その積み重ねが満足感や充実感につながり、育ちにもつながることを願っているからです。
「できた!」の先に、実は未知のワクワクが待っていたりします。

すごい!力が入ってますね

細かく画面を埋め尽くしています

バランスが素晴らしい

四つ切り画用紙を塗りこむのは大変なんです

工夫とアイディアが素敵です

スカイツリーだ

色の混ぜ方が綺麗ですねー

とてもよく観察していますね

マウンテンバイクのタイヤがかっこいい

乗ってる人も描きましたね

自分の好きなものに引きつけましたね

アイディアを楽しんでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。