に投稿 コメントを残す

教室造形

つのがかっこいい!

カラフルで素敵!

何かを乗せて遊べそうね

幼児クラス「画用紙車」
ハサミ、ホチキス、画用紙
これだけあればいいのです
あとは想像力と、それを形にする技
造形工作の楽しいところは、そういうところだと思います。
ただの四角い画用紙が車に変身して
それで遊べるなんて、こんなに素敵なことはありませんよ。
ゴムのタイヤは無い、しかも回らない
ボディーも紙、椅子も紙、ライトももちろん光らない
それでも、自分で作った世界で一つのオリジナル車
子ども達はすごく喜びます。
たぶんそこに想像の力があるのです。
だから、私は画用紙工作が大好きなんです。

なが〜い仕掛けが面白い

りぼんが付いててかわいい車

ハロウィンの車だ!

笑顔がかわいい

爪の色がオシャレ

ピンクのうさぎさん

小学生「画用紙動物」
小学生は動物をつくりました。
四つ切り画用紙を使って
小脇に抱えられるくらいの大きさに挑戦です。
大きいと立たせるのが大変だったり
色を付けるのも苦労します。
今回は塗り物(ペンやクレパス)は禁止!
貼れ!貼ってつくるのだ!ということにしました。
小学生は楽な方法をとらせないようにしたかったのです。
「簡単にできちゃう」で終わらず
「大変だったけど、いいのができた」を感じて貰いたいのです。
ただ、ちょっと大変すぎたかな、色の紙をちぎっておいてあげても
よかったなー、とちょっと考えております。

首が長いねー、バランス良いよ

良い表情だねー

サイの強さが出てるじゃん

細かく貼ったね、良い顔

染め紙をうまく使ったね

ちぎった形がウロコみたいでカッコイイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。