に投稿 コメントを残す

教室造形

サッカー。大きく描けています

ぐるっと回る瞬間!

小学生「スポーツをする自分」
人物を描く機会を設けたくて
スポーツの秋に託つけて活動にしました。
普段、楽な描き方をしようとすると
棒人間や、手足の突っ張ったお人形のような人間になります。
今回は特に肘と膝に注意して
運動は手足を曲げなきゃできないからね。
色はパレットで赤青黄白の4色で。
実際にポーズをとってみたり、お友達に動いてもらったりして
考えながら描いていました。
それにしても鉄棒で回る瞬間は描くの難しよね。
ちなみに、このような生活画を描くと
子ども達の空間の捉え方に違いが見られて
面白いなと思います。
真横から平面的に捉えるか
斜めから俯瞰気味に捉えるか。
背景の空間の出し方も面白いです。
地面はどこで区切れるのか
空はどこまで空なのか。
精神的な発達と
科学的な知識と
生活習慣と
絵画技法の約束事と
ただ漫画大国日本
西洋の絵画の法則通りには
いかないかと思われます。

タグラグビー、前傾姿勢がいいね

体育館の色を工夫しましたね

走っている感じが出てますよ

横から捉えた鉄棒。おもしろいね!

妹と縄跳び。飛んでるところ

地面が単調にならない様に色を考えたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。