に投稿 コメントを残す

教室造形

しっかりと塗り込んだね

模様を整理して捉えるタイプ

葉っぱの濃淡がすばらしい

「パイナップルを描こう」
今年は保育園、教室合わせて自分が関わっている場所すべてで
パイナップルを描きました。
パイナップルは夏の定番のモチーフですが、ここまですべてで
描くのは初めてかもしれません。
自分としてもその場所に合った導入や画材など工夫して様子を
見られたのはとても勉強になりました。
教室でもクレパスと絵の具で描いたり
小学生はパレット絵の具で直描きしたり
と色々な表現に挑戦してもらいました。
でも基本的には描き方を示さずに、子ども達にどう表すか
考えながら描いてもらうことを心がけました。
こうして見ると本当に様々な表現があるものですね。
みんな同じパイナップルを見ているのに、それをどうやって
紙の上に表そうかという考え方はまさに十人十色です。

色が綺麗。葉の重なりが上手い

実の色のグラデーション

刺と色を工夫しました

バッテンで区切りましたね、色で遊んでます

つぶつぶを細かく捉えました

こちらもつぶつぶ。葉の先の変色がこだわり

模様を窓のような区切りで表しました

複雑なリズムが気持ちいいです

背景の表現が面白い、いい感覚

丁寧に色分けしましたね

クレパスだけで描き込むのもおもしろいです

葉っぱの伸びる感じが力強い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。