に投稿 コメントを残す

保育園造形 i

ゆっくりあせらずハサミをつかおう

指先をうまく使って折ろう

ふ〜、ここまでできたよ!

3さい「ハサミでつくろう」
虫ちゃんペット
ハサミが上手になってきたので
ハサミを使ってつくるオモチャを活動にしました。
① 四つ切り縦½サイズの色画用紙の長い方の辺に切れ込みを入れる。
  
  切れ込みは太くなっても細くなっても、長くても短くてもかまいません
  単純な作業ですが子ども達は一生懸命にチョッキンチョッキンと頑張ります
  途中で疲れたら「ふう〜」と一呼吸入れて、また切り始めます。
② 両辺切れ込みを入れられたら、切り込んだ部分を折り、立てていきます。
   
  立てるのは両手の指を上手に使う必要があります。つまづく子も少し
  やり方を教えてあげればすぐにできるようになります。
  3さいさんにとって繰り返す作業は大変だけど、励ましながら自分で
  頑張らせます。
  やっぱり自分で造らないと気持ちが込められませんからね。
  
③ 全部折れたらひっくり返して立たせます。もう虫さんみたいです。
④ お顔や胴の部分にお絵描きします。
  
  裏表に描いてもいいです。シールなども喜びます。
  上手に描くのが目的ではありません、自分だけのお気に入りのペットちゃん
  にするのが目的です。
⑤全部できたら大人にリードをつけてもらって完成!
  
  リードはスズランテープが一簡単です。オシャレなリボンでもいいですね。
このブログには過去に何回も乗せていますが、毎年定番で素敵な活動なので
今回はすこし詳しく書いてみました。
この活動の導入のポイントは、大人が如何に本物らしい振る舞いをするかに
かかっています。
3さいさんは、この虫ちゃんを自分でつくると、それが紙だと分かっていても
実際にかわいがったり、破れちゃったら心配したりします。
おとなも生き物を扱うように、一緒に楽しめると、きっと盛り上がって
造ったものを大切にしてくれます。
上手に造るより、気持ちを込めてつくれるように配慮してあげましょう。

お気に入りの虫ちゃんにしよう!

お散歩いきた〜い!

園の中をみんなでお散歩したよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。