に投稿 コメントを残す

保育園造形 m

色で飾るのはウキウキするね

どんな場所に走らせようかな

こっちに樹を描こうかな

5さい「自転車を描こう」
5さいの子ども達は、自分でもちょうど自転車に乗れる様になってくる頃で
自転車にとても思い入れがあります。
子ども達にアンケートをとってみたところ、約半数が補助輪無しでも乗れる
とのことです。
そんな訳で「じっくり見て、線でしっかり表す」活動がしたいタイミングと
ちょうど合ったので、この活動になりました。
こういう機械の物は、一見複雑で難しい印象がありますが、部品の仕組みや
繋がり、必要性や役割をゆっくりお話することで、子どもも一つひとつ順番に
形を追いかけて、描ける様になります。
ですから、導入では、そういうお話を、子ども達が自分で乗る時の事を思い
出しながら聞ける様にお話しします。
やはり子どもにとって自分の体験に置き換えて理解するというのはとても
大切で、心にしっくりときた部分は、そのままその子の表現になるのです。
最後に、子ども達に、順番に自転車にまたがらせました。
自転車は、自転車通勤している先生の物なので、みんな必死にサドルに
乗り上げ、腕と足をピンと伸ばし、ポーズをとっていました。
今回は、線で描くのがメインです。自転車の固い線が表せるように
ボールペンを使いました。
その後は、色鉛筆で色付けです。
ボールペンで必死に線を追って形を描いた直後にも関わらず、色付けは
また別の遊びの様に、その子なりに工夫して飾ったりしています。
5さいさんの体力、精神力の成長に驚かされました。

足を伸ばして工夫しましたね

色の塊が綺麗だね

家族もいっぱい描いたよ

今回の作品です。
細かいので、クリックで拡大してみてください。

わお!スピード感が凄い!

とっても丁寧に描いたね

自転車の細かい表現を頑張りました

きれいな画面だなー。

後ろの夕日がたまらない

とてもキッチリしています

まだ続きでした、じっくり頑張れ

ブレーキのコードにこだわっていました

大きな虹が包みます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。