に投稿 コメントを残す

保育園造形 i, m

自分でちぎった紙を付けます

いろんな形にちぎれたね

キラキラは後出しで、たくさん付けたくなるようにしました

3さい、4さい「道具を使う活動」
3さいは糊でくっ付ける遊びで、4さいはホッチキスでつなげる遊びです。
道具を操れるようになるということは、したいことができた時に
それを実現できるようになるということです。
ですから、道具を経験させてあげることは、子どもの表現の可能性を広げ
選択肢を増やしてあげるということなのです。
とはいえ、そこは子どものことですから、練習を訓練のようにしてしまっては
かえってその道具への印象を悪くしてしまうし、造ること自体の楽しみに
気がつかないままになってしまいます。
ですから、道具との出会いが何さいであっても、楽しい遊びとして出会わせて
あげることが大事で、楽しくて嬉しくて繰り返し夢中になって遊んでいるうちに
上手に操れるようになっちゃった、というようにしてあげるのが大切なのです。
今回の糊やホッチキスも、くっ付くこと自体の楽しみ、繋げられること自体の
楽しみが伝わればとりあえず成功と言えるでしょう。
今回だけで終わらず、繰り返し遊んで道具と「おともだち」になることを目指します。

あえての裏の色見せらしいです

紙を繋げてたくさん付けました

ちぎるのに力を注いだみたいです。こんな子もいます

しっかり挟んで両手でカッチン!

こんなに長くなったよー!

始めは一枚でやってみました

4さいホッチキスです

複雑に繋ぎましたね

みんなで繋いでお部屋かざりに

パーティーみたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。