に投稿 コメントを残す

保育園造形 b

みどりもじゃ

くろおばけちゃん

シールも貼りました

3さい「パクパクカード」
ハサミを使ってパクパクする仕掛けを作ります。
こういう活動は、3さいの子には少し難しく、1人では、なかなかできませんし
大人が仕掛けを先に造っておいて、子どもに配れば、スムーズに
行くと思います。
しかし、あえて子どもに一から造らせるのには、訳があります。
子どもが造ると、切りすぎてしまったり、折る場所を間違えたり
ゆっくりだったり、色々とハプニングが起こります。
そういうハプニング諸とも、ごちゃごちゃした時間を過ごす
ことが造形の面白さでもあり、子どもにとっての育ちの場に
なりうると考えているからです。
何も引っ掛からず効率的にスムーズに行ったものというのは
意外と記憶にも残らないし、楽しい印象も生まれにくいものです。
分からなかったり、教えてもらったり、落ち込んだり、乗り越えたり
そんな時間を緩やかに使えるのが造形の良いところです。
苦労して造ったパクパクの仕掛け。子ども達は、何度も何度も
閉じたり開いたりして遊んでいました。
お友だち同士で見せ合ってる姿も可愛かったです

こんなに描いたよ!

お目めが可愛い!

描き込みますねー

見せたくなります

どんどん繋げます

丁寧にも描けます

4さい「デパート屋さん」お絵描き遊び
色画用紙でトビラの仕掛けを作って白画用紙にホッチキスで
付けて、中に何を描こうかな。お店を描いたらさらに
それを繋げると、デパートになるね。
という活動です。
4さいの子ども達は、最近すごくお絵描きが上手になってきて
自分の表したい形をうまく表せるようになってきたので
作り方さえマスターしてしまえば、もう止まらないくらい
ドンドン作っていきます。
一つのお店を凄く丁寧に描いて、3階建てくらいの子もいるし
とにかく繋げることに燃える子もいます。
最後は一人一人自分のデパートを発表していました。
話す方も聞く方も立派でした。

トビラも凝ります

お花がいっぱいのデパート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。