に投稿 コメントを残す

教室造形

手描きのサンタが可愛いです

ボンボンがたくさん!

緑でなくても素敵です

「クリスマスツリーをつくろう」
今回は、久しぶりに、キッチリとした工作系の活動にしました。
2日に分けています。
1日目は、画用紙をコーン形に丸めて、フェルトをボンドで貼りました。
この作業が、やってみると、結構しんどく、全体に張り込むのには結構時間がかかります。
フェルトの大きさや形は自分で決めて貼ります、下から重ねながら貼るとツリーっぽくなります。
大変なのですが、キッチリやれば、やった分だけ完成度は上がり、美しい仕上がりになります。
「大変だけど、頑張ればその分、良い物ができるね。」って感じです。
2日目は、飾りの日です。
これはもう、自分で考えたり、決めたりできるので、「造形」って感じです。
基本はクリスマスツリーなので、遊ぶにしても限界はありますが、その子らしい
美意識みたいな物は感じられたと思います。
手描きの絵をシールのマジックテープでフェルトに直接付けるやり方は、規制のビーズや
スパンコールの中で、子どもの暖かみが出る、良い部分だったと思います。
やっぱり造形工作は、キッチリしっかりできる部分と、自由にゆるく遊ぶ部分とのバランスが
大事ですね。

かなりキッチリした感じ

造る事自体を楽しんでるね

サンタさんへのお願いも付けちゃった

色々自分で選べたね

ちゃんとオリジナルになってます

フェルトの貼り方で雰囲気が変わりますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。