に投稿 コメントを残す

保育園造形 b

シールは大好きです

ワッと見せてくれます

みんなで描くのが楽しいね

3さい「お家の形の紙にお絵描き」
八つ切り画用紙を観音開きに折り、上側の角を切り落とします
そうするとお家の様な形になるので、そこにお絵描きを楽しみます。
観音開きを開いて「中には誰がいるのかなー」と考えても良いし、お店屋さん
にしてみても楽しいです。もちろんお家と関係のないお絵描きの子もいます。
お家の形は、いつもの四角い紙とは少し違うという、ちょっとしたきっかけなので
そこまでテーマにこだわらなくても良いのです。とにかくお絵描きが楽しめて
先生や周りのお友だちと良い時間をすごし自分ですることの楽しさや自信を
経験して欲しいのです。
今回は、けっこうお家を意識してお絵描きする子が多かったと思います。
あと面白いのは、子どもの「装飾を楽しむ気持ち」です。
「お絵描き」とは明らかに違う、「飾る」という気持ちで色や形を楽しみながら
クレパスやシールを使う子ども達の感覚に驚きました。
こんな3さいの子どもたちにも、飾る事の面白さや美しさが分かるものなんだな-と驚きました。

表、可愛いお顔がいっぱい→

裏、シールみたいなクレパスの飾り

この子は切って余った紙も使いました

表、お店屋さんみたい→

裏、いろんな色がキレイです

あ、シールで鍵をかけちゃった!

お話しながら造ります

画面の端まで遊びます

長く繋げるのに燃えてます

4さい「構成的な遊び」ビニールテープと折り紙
正方形サイズにカットした四つ切り画用紙にテープと折り紙で好きなように遊びます。
ビニールテープは線的な要素ですが、細かく切れば点にもなるし、重ねて埋めるように
貼れば面にもなります。
ですからビニールテープが何色かあれば、相当いろんな遊び方ができるわけです。
形を囲んで絵も描けますし、色と形の楽しさで画面を構成することもできます。
折り紙は面的要素の手助けと、折り紙独自の遊び方(折ったり、形を自在に変えたり)のために
合わせて出しました。
クレパスは、画面をより自分の思う様にしたい子の為に後出しで加えました。
こういう活動はゴールに答えの形の無い遊びです。環境の中で自分なりに楽しみを見つけて
遊ぶものです。造形らしい造形といった感じです。
ビニテをビーっと伸ばすのも楽しいし、自分なりの法則を繰り返したり、たまたまやってみた
形から何かを思いついたり、遊び方は様々です。
そしてそれは、自分の目の前に、文字通り「白紙」から遊びを創造し、形にする事ができる力を
育みます。
最近、私は、この「白紙から目の前に無いものを想像し造っていく力」は、例えば勉強とときの
ノートの取り方や、仕事の段取りや、快適に収納する事、さらには自分の生き方を想像する事な
ど、賢く楽しい大人の力として大切な力なのではないかと考えています。
そればかりではありませんが、造形の保育における大切な要素の一つだと思います。
自分で自分なりに物事を考えられる人になって欲しいと思います。

クレパスでその子らしさが出ますね

きっちりやり方を決めてから貼っていました

自分で名札を付けちゃった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。