に投稿 コメントを残す

教室造形

今回は「春のお花」です。
やっと暖かくなり、お花屋さんで鮮やかなお花を見つけました。
やはり季節の物の持つ旬のパワー、生命力の美しさは魅力的だと
思います。
そのパワーを借りてモチーフにしようと思いました。
モチーフから何かを感じて、少しでも心が動けば
そこから表現が生まれます。
今回は、その感じた物を気持ち良く表現してもらう為に
画材を何にするか、というのを悩みました。
細い線が描ける物がいいか、気持ちよくグイッと描ける絵の具がいいか
などなど。
結局は、アトリエ山では、絵の具で描いてから細部をクレパスで
えのぐぼかんでは、クレパスで描いてから絵の具(4色をまぜながら)にしました。
同じ子が同じモチーフに向かっても、環境次第で表現が変わってきます。
毎回ギリギリまで悩みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。